ヘアケア

これってフケ?実は原因は乾燥だけじゃない!フケの原因と対策を徹底解説

毎日しっかりシャンプーしているのにフケが出る…。そんなお悩みありませんか?フケには不潔なイメージがあるので、なんとしても解決したいですよね。

とはいえ、フケをゼロにはできません。そもそもフケは誰にでも出るものです。ではなぜ、フケが目立つ人とそうでない人がいるのでしょうか?

毎日洗髪しているのにフケが気になるなら、洗い方や頭皮に問題があるのかもしれません。

ここでは、フケが発生するメカニズムやフケが増える原因、さらにフケを抑えるケアのポイントについてお伝えします。正しくケアしてフケが目立たない頭皮に整えましょう!

フケが出るメカニズム

フケのメカニズム

フケは、頭皮のターンオーバーによって排出された角質です。頭皮の生まれ変わりにターンオーバーは欠かせないので、誰でもフケが出ています。ターンオーバーがスムーズに行われていればフケの粒は小さく、洗髪で取り除けるので、フケにはほとんど気づきません。

厄介なのは、目立つフケ!フケが見えるか見えないかの差は大きいですよね。

目立つフケの正体?

目立つフケの正体は、実は頭皮についた汚れの可能性があります。洗髪で取りきれなかった汚れや皮脂が乾燥すると、フケのように見えることがあるからです。

特に空気が乾燥する冬は、いつも通りにすすいでいるつもりでも、頭皮まできちんと水分がいきわたらず、皮脂や汚れが残りやすい季節。乾燥した汚れが、フケのように見えているかもしれません。

フケが増えたら、汚れの可能性もあると覚えておくと良いでしょう。

フケが増える原因

女性のフケの悩み

ここでいうフケとは、本来のフケであるターンオーバーによって排出された角質の他に、頭皮に付着したフケのように見える汚れも含みます。

次のような習慣は頭皮の健康を損なう恐れがあり、フケが増えたり、フケのように見える汚れがたまる原因になるので注意が必要です。

すすぎが不十分

すすぎ不足は、フケやフケのように見える汚れの原因になります。

洗髪で大切なのは、十分なすすぎです。通常のフケなら、シャンプー前にぬるま湯ですすぐだけで十分取り除くことができます。つまり、フケが増えるということは、すすぎが足りていない可能性があるということ。頭皮まできちんと水分が行き渡るように、シャンプー前のすすぎは目安として1分30秒以上かけましょう。ここでしっかりすすぎ洗いをすることで、フケはもちろん頭皮の汚れの8割を落とすことができます。

特に、シリコンを含むシャンプーを使っている場合は、シャンプーのすすぎ残しがあると頭皮にシリコンの膜が張りつき、汚れとして残りやすくなります。頭皮に残ったシリコンが乾燥するとフケのように見えるので、シャンプー後もしっかりすすぐことが大切です。すすぎにはシャンプーの2倍の時間をかけ、すすぎ残しがないように丁寧に洗いましょう。

頭皮の乾燥

頭皮の乾燥は、フケやフケのように見える汚れの原因になります。

頭皮が乾燥すると角質層の水分が不足して、未熟な角質細胞まで剥がれ落ちやすくなり、フケが増える原因になります。空気が乾燥する季節や空調のきいている室内は、顔と同じく頭皮の乾燥も進むので、フケが増えやすい環境です。

また、頭皮の乾燥は皮脂分泌を促すので、乾燥しているのにべたつくフケが出ることがあります。これは、皮脂や汚れが原因です。特に寒い季節は、毛穴が閉じて汚れがたまり、皮脂も排出されにくいので、汚れと皮脂が混ざりべたつきやすくなります。その結果、べたついたフケが増えたように見えるのです。

洗浄力の高いシャンプーを使った洗髪

洗浄力の高いシャンプーは、フケの原因になることも。

フケが出ると、その刺激によってかゆみを感じやすくなります。かゆみを抑えるために、つい洗浄力の高いシャンプーを使いたくなりますが、洗浄力が高いということは、頭皮の乾燥を招きやすいということ。頭皮の乾燥はフケの原因になるので、結果的にフケを増やす悪循環に陥っている可能性も!

洗浄力の高いシャンプーの多用は、頭皮の乾燥を悪化させてしまうので注意しましょう。

皮膚炎

頭皮が皮膚炎を起している場合もフケが増えます。

水虫の原因菌である白せん菌に頭皮が感染すると、大きなうろこ状のフケが出ます。また、脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)になるとべたつく黄色いフケが、アトピー性皮膚炎では小さなフケがポロポロとたくさん出やすくなります。

フケを抑えるために洗浄力の高いシャンプーで頻繁に洗髪すると、皮膚炎が悪化する恐れがあるので危険です。

フケの大きさや色、量に異常を感じたら、皮膚科や薬局に相談することをおすすめします。

シラミ

シラミにかかると、髪にシラミの卵がつきフケのように見えます。

髪に産みつけられたシラミの卵は、手で払っても取れないうえに、頭皮には強いかゆみを感じます。また、タオルや枕などを共有する家族には、シラミが移りやすいので注意が必要です。

シラミは専用のシャンプー以外では取り除けないので、通常のケアを続けても改善はしません。皮膚炎と同じく、皮膚科や薬局に相談するようにしましょう。

フケやフケのように見える汚れを抑える!おすすめケア

毎日のヘアケア

フケやフケのように見える汚れを抑えるためには、頭皮に潤いを与えてターンオーバーを整え、余分な汚れを残さないことが大切です。

次のような習慣を意識してケアを行いましょう。

シャンプーは頭皮に良いものを選ぶ

頭皮は肌の一部。だからこそ、成分にこだわったシャンプー選びが大切です。おすすめはノンシリコンのアミノ酸シャンプー。アミノ酸は頭皮への刺激が少なく、保湿力もあるのでフケ対策にも役立ちます。頭皮が潤いターンオーバーが整えば、フケや過剰な皮脂の分泌を抑える効果が期待できます。

また、潤い成分が配合されたシャンプーもおすすめです。保湿成分の代表とも言えるヒアルロン酸は、頭皮の潤いにも欠かせない成分。ヒアルロン酸配合のシャンプーなら、毎日の洗髪で潤いケアができます。

くせ毛にはスカルプケアが重要!頭皮を洗えるシャンプー選べてる?年齢を重ねて、髪のトラブルが増えたと感じていませんか?中でも多いお悩みのひとつが、くせ毛です。 年齢と共にうねりが増えてしまうのは...

スカルプケアで健康な毛穴をキープ

スカルプケアは、毎日の洗髪だけでは取りきれない毛穴に付着した汚れを取り除くのに役立ちます。

頭皮の皮脂量は、実に顔の3倍とも言われ、汚れと混ざって毛穴をふさぐ原因にもなります。さらに、カラーリング剤やシャンプーの洗い残しなど、毛穴にはさまざまな汚れが付着しています。

こうした汚れを取り除くためには、定期的なスカルプケアで頭皮を清潔に保つことが大切です。おすすめはクレイパックを使ったケアクレイには毛穴につまった皮脂や汚れを吸着して取り除く働きがあります。週1回程度、シャンプー前にクレイパックをすることで、頭皮を清潔に保ちやすくなりますよ。

また、自宅のケアとあわせて、美容院でのスカルプケアもおすすめです。プロが頭皮の状態をチェックして、フケの原因にあわせたケアを提案してくれるのも◎。

頭皮マッサージで血行促進

頭皮マッサージは血行を促進してターンオーバーを整え、フケを抑える効果が期待できます。

マッサージの際は、指を開いた状態で手のひらを頭にあて、頭皮を動かすようにもみほぐしましょう。指に力を入れすぎると、頭皮に爪があたり傷つける恐れがあるので、指を立てずにやさしくもみこむのがポイントです。

頭皮マッサージで毒素を排出!若返りや疲労回復などのメリットも!?頭皮にも毒素が溜まることをご存知でしょうか?しかも頭皮の状態は髪だけでなく、顔や体の健康にも関係していて、放っておくと老け顔や体調不良の原因になることも! この記事では、頭皮に汚れや毒素が溜まる原因や、健康な頭皮に導くおすすめのケアについてお伝えします。...

頭皮の乾燥対策

顔を洗ったら化粧水をつけるように、洗髪後は頭皮にもスカルプエッセンスやローションなどをつけ潤いを与えるのも効果的です。髪を洗った後は皮脂が洗い流され敏感になっている一方で、水分が浸透しやすい状態でもあります。素早い保湿ケアで潤いを補給して、頭皮を乾燥から守ることがフケ対策につながります

洗髪後に頭皮に保湿剤をつけて、やさしくマッサージしながら浸透させましょう。その際は、髪をこすらないように気をつけて!濡れた髪はキューティクルが開き、傷つきやすくなっています。

湿度60%でも髪は乾燥しはじめる!?潤いケアが必要な理由とは空気が乾燥する季節になると、気になる肌の乾燥。実は髪も、肌以上に潤いを奪われています。しかし肌に比べて、髪の乾燥対策をしている方は少ない...

まとめ

フケの原因はさまざまですが、頭皮がトラブルを抱えている点では同じです。フケが気になるあまり、洗髪を繰り返したくなるかもしれませんが、過剰な洗髪がフケを余計に増やしている可能性もあります

まずは頭皮を健康な状態に整えることが先決!毎日の丁寧なケアを心がけましょう。

また、フケの原因を知りたい時は、皮膚科や美容院などで専門家に頭皮をチェックしてもらうのもおすすめです。

Authors

  • エスアイシーグループ 代表
    美容師、美容学校教諭を経て自身の美容室を開業。髪に悩むお客様の要望に応えるため、商品開発にも取り組み、エスアイシーグループを設立。

  • 【髪の悩み】白髪・あほ毛
    バリ島在住フリーライター。シャンプー方法を見直すだけで、髪がまとまりやすくなることを実感。

Slider