ヘアケア

美容師さんが大注目!一緒に使うだけでヘアカラーがグレードアップするアンバーカラーとは!?

白髪がぼかせると最近人気のハイライト。
ハイライトはハイトーンな部分を作ることで白髪を目立ちにくくする手法が一般的ですが、場合によってはブリーチすることもあります。
トーンが明るくなる分白髪は目立ちにくくなりますが、髪の毛は当然傷みます
「今のヘアカラーは気に入ってるから変えたくないけど、髪を傷ませたくない」と思っている方もきっと多いはず。
美容室でそのことを伝えても「カラーするなら傷むのは仕方ない」と言われ、傷みを諦めた経験はありませんか?
しかし、諦める必要はありません!ゴッホ・スタイリングスから誕生した「アンバーカラー」を使うだけで髪を傷めずヘアカラーを思う存分楽しむことができちゃうんです!
これまで傷むのは仕方がないと伝えるしかなかったため、美容師さんも大注目!
アンバーカラーとは何なのか調べてみました!

こんな悩みありませんか?

美容室でやってもらうカラーは気に入っているけど、染めるほど髪の傷みが気になってきます。
トリートメントでお手入れしても数日すると傷みが気になりだす…なんてこともあると思います。
そこで、髪の傷みを気にせずにカラーを楽しみたい方必見!
多くの美容師さんも注目する、傷まず美容室帰りの仕上がりが続くアンバーカラーをご紹介します!
プロ用なので、今通っている美容室の美容師さんに相談したり、扱っている美容室を探してみてくださいね!

アンバーカラーってなに?

 

 先程から名前が出ている「アンバーカラー」。
そもそも何なのか分からないですよね。
アンバーカラーがどんなものなのかご説明します。

なぜヘアカラーで髪が傷むのか

アンバーカラーの説明をする前に、なぜヘアカラーで髪が傷むのかをお伝えします。
傷む理由は、ヘアカラーの仕組みにあります。
美容室に行ってヘアカラーのオーダーをした時、美容師さんが「カラーの用意をします」と言ってバックヤードに入りますよね。
そこで実は、2つのカラー剤を混ぜています。
カラー剤には「1剤」「2剤」という2つの種類があり、これを混ぜると化学反応が起きます。
この化学反応を利用して、髪を染めます。
混ぜたカラー剤を髪に塗布すると、キューティクルが開き、髪の内部までしっかり薬剤が浸透。
元々ある髪の色を抜き、茶色などのなりたい髪色を入れるというのがヘアカラーの仕組みです。
髪が傷むのは、元々ある髪の色を抜く作業が原因。
この時、色だけではく、髪内部の栄養分や水分も一緒に抜いてしまっています。
そのため、ヘアカラーで髪は傷むのです。

アンバーカラーはスゴイ!驚きの効果とは

ヘアカラーで髪が傷む理由についてお話しました。
ヘアカラーを繰り返すほど、髪内部の栄養分と水分が流出する為、どんどん髪は傷みます。でもアンバーカラーは、いつもの
カラー剤と一緒に使うだけで、以下のような効果がでます!

・仕上がりが良くなる
・色持ちが格段にアップ
・髪がまとまる
・パサつきが抑えられる
・ツヤが出る
・カラー後の薬剤のニオイが気にならなくなる

いつものカラーで起きがちなトラブルを解決してくれます!
今使っているカラー剤にプラスするだけでOKなのも、美容師さんが注目するポイントのひとつ!

アンバーカラーがなぜオススメなのか

ヘアカラーをすると傷むことを知っている方はとても多いですよね。
そのため、美容室でカラーの後は、トリートメント施術をする方も多いと思います。
その他にも、トリートメントカラーといって、アンバーカラーのようにトリートメント剤とカラー剤を一緒に使うものもあります。
他の商品とアンバーカラーは何が違うのか、徹底的に解説します!

傷ませずにヘアカラーができる

何度か、ヘアカラーで髪が傷む理由についてお話しました。
ヘアカラーで栄養分を水分が流出する時に、流出した分を補うことができると、理論上、髪は傷まないと思いませんか?
アンバーカラーはその理論に注目した商品。
通常のヘアカラーは、色・栄養分・水分が流出し、色のみ補充します
アンバーカラーはいつものヘアカラーと一緒に使うことで、色・栄養分・水分と、抜けたものをしっかりと補充することが可能です
だから、アンバーカラーを使うと、髪が傷まないのです!

サロン帰りの仕上がりキープ!


美容室でヘアカラーをした日は髪の毛のツヤツヤで指通りもいいですよね。
でも残念ながら長くは続かず、すぐきしんでしまう方も多いのではないでしょうか。
アンバーカラーは、カラー剤と一緒に使うだけでサロン帰りの仕上がりをキープすることができるんです!
なぜかというとアンバーカラーが髪の内部に
定着してくれるから!
定着することで、どのような効果があるのか、次に紹介します。

色持ちが良い

ヘアカラーがすぐに抜けてしまう人もたくさんいると思います。
人によっては、一週間持たない!という方もいらっしゃるかもしれません。
特に髪が傷んでいる人は色落ちも早くなってしまいます。
しかし、アンバーカラーを混ぜると色持ちがとてもよくなり、短期間しか色が持たなかった…なんてことはありません!

手触りが格段に良くなる

サロン帰りはサラサラだった髪の毛が、数日すると潤いがなくなってパサつきやすくなりますよね。
手触りも悪くツヤもなくなるので、「サロン帰りのサラサラが続いている」とは決して言えない状態かもしれません。
アンバーカラーは、水分と栄養分を直接髪の内部に入れ込むため、髪の毛の内側からしっかり潤ってくれます。
通常美容室で行うトリートメント施術は髪表面に栄養分を与えています。
施術直後の仕上がりは良くなるものの、自宅でシャンプーなどをすると数日で洗い流されてしまい、サロン帰りの仕上がりが続きません。
しかしアンバーカラーは、カラー剤と一緒にトリートメント成分を髪に直接入れ込むため、サロン帰りの手触りが持続するのです。

ダメージ毛にも色が定着することができる

「染めてから数日すると、枝毛やビビり毛などのダメージが強く出る部分が染まっていなかったかのように明るい色になっている…」ということもありますよね。
実はダメージ毛ほど色落ちが早いです
その理由は、通常のヘアカラーは色を入れるだけであって、定着させていないことにあります。
しかしアンバーカラーは色を髪に定着させるため、ダメージ毛でもサロン帰りをキープすることができるのです。
その秘密を詳しく解説します。

アンバーカラーの秘密

通常のヘアカラーで、サロン帰りの仕上がりが(色落ちやパサつきが出るなどして)続かない理由を知らない人は多いですよね。
その理由は、髪を覆うキューティクルが傷つくなど、髪が傷んでいるから。
キューティクルは髪内部の潤いなどを閉じ込める役割があるため、傷ついて剥がれたりすると、その損傷個所から髪内部のモノ(栄養分・水分・カラー剤など)が閉じ込めきれずに流出し続けます。
通常のヘアカラーは、色を髪の中に入れて、色のキープはキューティクルで閉じ込めることに頼ります。
そのため、キューティクルの損傷の激しい傷んだ髪であるほど、サロン帰りの仕上がりがキープできないのです。
では、なぜアンバーカラーだとキープできるのか。
その秘密はBPMコントロールシステムにあります。
BPMコントロールシステムとは、タンパク質にくっつくタンパク質を配合し、髪内部に結合させることで髪の毛内部の水分をコントロールすることができる技術システムのこと。
髪の毛は全てタンパク質でできています
そのタンパク質に結びつく特殊なタンパク質をアンバーカラーに配合することで、カラー剤の色や配合されている水分・栄養分を、髪にしっかり定着させることができるのです。
しっかり定着した結果、髪の色持ちが続き、補った栄養分と水分が抜け落ちることなく、サロン帰りをキープすることができるのです。

どんなカラー剤でもお任せ!いつものカラーと一緒に使うだけ

 

アンバーカラーは、カラー剤の種類を選ばないため、いつものカラーと一緒に使うことができます!
そのため、簡単に導入できるうえ、お客様の「今のヘアカラーは変えたくないけど、髪を傷ませたくない」という要望に応えることができると美容師さんが注目しています!
アンバーカラーを使ったからといって、色が変わるなどの影響が出ないところも素敵なポイントですね。

まとめ

今まで諦めていたカラーの傷みもアンバーカラーがあれば大丈夫!
ヘアカラーをしている人の多くは、髪の毛が傷むのは仕方がないと諦めていると思います。しかし諦める必要はありません!
アンバーカラーは髪が傷まないのはもちろん、色持ちや手触りが格段に良くなります
いつものカラーから確実にグレードアップすることができるため、お客様からも大満足をいただけると、美容師さんが大注目しているアンバーカラー。
アンバーカラーを試したい!という方は、いつもの美容師さんに相談する、またはお近くの導入店舗に問い合わせてみてください♪

美しい髪を作るための正しい頭皮ケアの方法普段どのようなヘアケアをしていますか?何気ない行動や誤ったヘアケアが原因で、頭皮や髪の毛に悪い影響を与えていることがあります。 今回は、美しい髪を作るための正しい頭皮ケアの方法と、見直すべき生活習慣について解説していきます。...
傷まないヘアカラーは存在していた!ヘアカラーでダメージを受けるのは仕方がないと諦めている方へヘアカラーをして、髪の毛のダメージを感じたことはありませんか。実際にパサつき、広がり、切れ毛、うねりなど色々なトラブルを経験したことがある人も多いはず。 「ヘアカラーで傷むのは仕方がない…」と、髪のダメージを諦めていませんか? しかし、諦める必要はありません。 今回は髪の毛を傷ませないヘアカラーとして注目を集めているゴッホスタイリングカラーをご紹介します!...

Authors

ABOUT ME
【監修者】山本 幹雄
エスアイシーグループ 代表
美容師、美容学校教諭を経て自身の美容室を開業。髪に悩むお客様の要望に応えるため、商品開発にも取り組み、エスアイシーグループを設立。
gogh-stylings-26
基礎知識
基礎知識
previous arrow
next arrow