work

美容師のココが知りたい!スタイリスト歴5年の現役美容師にインタビュー!

華やかなイメージのある美容師、ステキな職業のひとつですよね。
しかし美容師は下積み(アシスタント)の長い職業ともいわれています。
美容師免許を取得したからといって、すぐにお客様を任せてもらえることはありません。

やりがいのある美容師の仕事!その魅力のすべてを知ってほしい!いつ行ってもオシャレで明るい笑顔の美容師さん!お客様の「なりたい」を叶えてくれるステキな仕事です。大変なことはありますが、美容師さんが笑顔で働き続けられる、仕事の魅力をまとめてみました。...

普通あまり話を聞くことのない、学生時代のアシスタントの時の経験談を現役美容師にインタビューしてきました!
美容師として大切なことや、将来美容師を目指す人に向けたメッセージも聞いてきました!
美容師になりたいと考えている人、必見です!

美容師プロフィール
山口 まおさん
スタイリスト歴【5】年

カットにこだわりを持っており、特にショートカットが得意。幅広い年齢層のお客様に人気のある美容師。
様々な資格を取得し、カラーリストとしても活動する。

美容師になりたいと思うきっかけ

Q.なぜ美容師を目指そうと思ったんですか?

A.学生時代、(自分自身が)とてもくせ毛に悩んでいたんです。
なので、同じようにくせ毛で悩んでいる人の役に立ちたいくせ毛悩みのスペシャリストになって解決してあげたいと思ったのが美容師になった一番の理由です。

Q.アシスタントになるまでの道のりを教えてください。

A.私は昼間はサロンで働きながら、通信制の学校に通って美容師免許をとりました。
夜、学校で勉強してましたが、学校が休みの日は閉店後に練習していました。
今振り返ってみると「良くやってたなぁ」と思いますが、当時は大変で辛いというより、早くスタイリストになりたい!という気持ちの方が強かったです(笑)

仕事と勉強、練習の毎日が続き、なんとか美容師免許を取得しました。
それでも取得後1年目は、シャンプーがメインのアシスタントからのスタート。
少しずつカラーやパーマ、ブローもさせてもらえるようになりました。
本当に美容師は下積みの期間が長い職業だと思います。
学校で教えてくれることは実際にサロンで働く上でほんの一部に過ぎないと、アシスタント時代は痛感しました(笑)

例えばカットの練習です。
美容学校ではウィッグを使って最初は練習するのですが、多くの人はウィッグのように頭の形がみんな整っていないです。
お客様の髪のカットをさせてもらえるようになったときに、骨格や髪質にあったカットができるよう、スタイリストになってからも練習をし続けました。

美容師免許を取ってから、やっとスタートラインに立つことができたように思います。

仕事のやりがいと大変なこと

Q.美容師の仕事をしてて良かったなと思うところはどこですか?

A.やっぱりお客様に直接感謝の言葉を頂けるところが一番やっててよかった!と思うところです!ベタですが(笑)
お客様との距離がとても近い仕事なので、髪の毛に関する悩みや困っていることをしっかり聞けるのも魅力ですね。

カウンセリングをきちんとするとお客様の希望をより叶えられます。
その結果、お客様の期待以上の仕上がりを実現できるので喜んでいただけます。
そのとき「この仕事好きだなぁ」、と感じます!

Q.逆に大変だなと思うことは?

A.そうですね…。アシスタント期間が大変でした(笑)。
先ほどちょっと話した部分もあるんですけど、学校を卒業してからすぐお客様を担当させてもらえるわけではないので、数年間はアシスタントとして働く期間があります。

その期間は覚えることも、やらなくてはいけないこともたくさん…。
レッスンは営業後ですし、朝は誰よりも早く出勤して営業準備をします。
正直、体力的にきついなと感じたことはありました。

他にもレッスン時間が短かったのも大変でした。
営業後のレッスンは時間が限られています。
時々、営業時間が伸びてレッスン時間が短くなってしまうこともありました。

早くスタイリストになりたいと思っていたこともあり、「少ない時間で何とかものにしなくては」と焦ったりしていました(笑)。

だからこそレッスンでうまくいかないとかなり落ち込んだりして、メンタル的に大変だったこともありました(笑)。

仕事で大切にしていること

Q.美容師として働くうえで、大切にしていることを教えてください!

A.お客様の希望や要望にどうやって向き合うか、がとても大切だと思っています。

たとえば髪の長いお客様が「短くカットしたい」という要望があったとして、そのお客様がなぜ長い髪を短くしたいのかという理由を会話の中から探します。
本当は切りたくないけど傷んでいるから切りたいくせ毛を落ち着かせるためにずっとロングだったけどショートカットにどうしてもしたくなった、など人によって理由はたくさんあります。

本当は切りたくないというお客様にはカット内容の提案やダメージを軽減するヘアケア方法をお伝えしますし、くせ毛を目立たせたくないけどショートカットにしたいというお客様にはドライヤーの髪の乾かし方を伝えるなどのアフターフォローをしっかりします。

美容室に来た時だけじゃなくて、家に帰ってからもお客様が満足できるように、限られた時間でお客様にしっかり向き合うことが美容師として働くうえでとても大切にしています。
しっかり向き合うことで、お客様の信頼に繋がると考えています。

美容師はどんなことをするの?仕事内容や一日のスケジュールはこんな感じで進む!私たちがイメージしている美容師の仕事と、実際の仕事内容にはすこし違いがあります。実際はどんなことを毎日しているのか、仕事の内容や一日のスケジュールなど美容師さんに聞いてみました!...

美容師に適正ってある?実際に活躍している人の性格や向いているタイプを知ろう

Q.自分のどんな性格が美容師に活かせてると思いますか?

A.私の性格は流されやすく、自分より他人を優先する短所があります(笑)。
でも短所と長所は表裏一体とよく言いますが、この流されやすい性格は長所でもあります。それは、協調性や人の話に耳を傾けるというところです。
この性格が今の美容師という仕事にも活かされていると感じています。

例えば、トレンドや知識が目まぐるしく変わる業界であるため、昔はこうだったからと固執することなく、柔軟に臨機応変に対応できたりします。
また、お客様の話をしっかり聞くことで、髪の悩みなどに寄り添い考えられます。
この部分が特に活かせていると思います。

Q.どんな人が向いていると思いますか?

A.そうですね、やっばり向上心がある人!だと思います!
トレンドも変わるので、技術や知識を一度身につけたら終わりという仕事ではありません。
日々業務に追われていますが、自分の時間を有効に使い、社外研修を受けたり勉強することが大切です。

最後に…

Q.これから美容師を目指す人にアドバイスをお願いします!

A.色々なことに興味を持つこと、そして色々な知識を身に着けてください!
美容学校に入ってしまうと、知識は美容ばかりに偏ります。
学校生活は美容とは関係ない様々な知識を得ることができる貴重な時間。

美容室には様々なお客様がいらっしゃいます。
美容師はコミュニケーションが大切なので、お客様が話されることを理解しなければいけません。

美容以外の知識も生きてくるため、色々な知識を今のうちに身につけておくことをおすすめします。

人をキレイにできる美容師の仕事は魅力がいっぱい!「流行を取り入れたヘアスタイルにしたい」「似合う髪型にしたい」など願いを叶えてくれる美容師は、髪の毛のカットやパーマなどの技術面だけでなくメイクや着付け、ヘアセットなどオールマイティ!今回は、美容師とはどんな仕事なのかご紹介していきます!...

Authors

ABOUT ME
【監修者】山本 幹雄
エスアイシーグループ 代表
美容師、美容学校教諭を経て自身の美容室を開業。髪に悩むお客様の要望に応えるため、商品開発にも取り組み、エスアイシーグループを設立。
gogh-stylings-26
基礎知識
基礎知識
previous arrow
next arrow