ダメージ

ブラッシング効果で美髪を目指そう!正しい方法とタイミング・ブラシ選びを解説

ドライヤーとブラシで髪を乾かす女性

毎日何気なくおこなっている『ブラッシング』。ブラッシングには、健康で美しい髪に近づくための良い効果がたくさんあります。しかし、正しい方法と適切なタイミングで行わないと、反対に頭皮と髪の毛にダメージを与えてしまうことも…。今回はブラッシングの効果と、その効果を最大限発揮するために抑えておきたいポイントをを徹底解説!さらに、美髪へ導くブラシ選びのポイントも紹介します。正しいブラッシングで、見違えるほど美しい髪を目指してみませんか?

ブラッシングの効果とは?

ヘアブラシ

美しい髪の毛になるために、シャンプーやトリートメントに気を使ってケアしている人が多いでしょう。もちろんこれらも大切ですが、もっと気軽におこなえるヘアケアが、『ブラッシング』です。では、ブラッシングには具体的にどのような効果があるのでしょうか?

汚れや抜け毛を取り除く

頭皮と髪の毛には、普段の生活の中で付着した、目に見えない汚れや抜け毛がたくさん!そんな汚れや抜け毛を取り除いてくれるのがブラッシングです。丁寧なブラッシングは、ほこりやフケなどの汚れや、抜け毛などを取り除く効果があります。シャンプー前にブラッシングをすることで、頭皮や髪の毛の汚れを落ちやすくするメリットも。健康で美しい髪になるためには、頭皮や髪を清潔に保つことが大切です。適宜ブラッシングをして、不必要な汚れを落としましょう。

頭皮の血行を促進

ブラッシングには、頭皮の血行をよくする効果があります。ヘアブラシの先端が頭皮を刺激することで、頭皮の血行が促進され、頭皮環境の改善につながります。頭皮が健康になると、髪の毛に栄養分と水分が十分に行き渡るので、髪の毛にとってもいいこと尽くめ!ブラッシングは抜け毛や薄毛の予防にもつながり、健康な髪へと近づけます。ブラッシングのときには、ブラシの先端が軽く頭皮にあたるように、意識してとかしてみましょう。

髪に潤いを与えてくれる?

ベタつきの原因として敬遠されがちな頭皮の皮脂。実は、意外な一面があるのをご存じでしょうか?適度な皮脂は、髪のキューティクルを整えて、髪の乾燥を防ぐ効果があります。髪をブラッシングすることで、頭皮から毛先まで皮脂を届け、髪にツヤを生み出します

効果的なブラッシングのタイミングはいつ?

?が浮かんでいる女性

皮と髪の毛にとって、よい効果がたくさんあるブラッシング。その効果を最大限発揮するためには、どのタイミングでおこなうのがよいのでしょうか?効果的なブラッシングのタイミングを確認してみましょう。

髪を洗う前

洗髪前にブラッシングすると、頭皮と髪の毛の汚れが浮き上がるので、とてもオススメです。ブラッシングで頭皮と髪の毛の汚れを浮かせてから予洗いをすると、汚れが落ちやすくなります。その他にも髪の絡まりをほぐすことで、シャンプー時に髪がもつれにくくなります。シャンプー時の摩擦ダメージが軽減するため、洗髪前のブラッシングをしましょう

寝る前と朝起きてスグ

寝ている間に髪の毛が絡まって、朝起きたらボサボサに…。原因は寝る前のブラッシングが足りていない事が原因かもしれません。就寝前にブラッシングすると、寝ている間に起こる髪の毛の絡まりを防ぐ効果があります。さらに、ブラッシングによる心地よい頭皮への刺激は、リラックス効果があり、安眠につながることも。起床後は、丁寧にブラッシングしてからスタイリングすると、髪の毛がまとまり、扱いやすくなります。寝る前と起きた後のブラッシングを、ぜひ習慣化しましょう。

アウトバストリートメントの役割とは?効果を最大限引き出す使い方を解説!毎日のヘアケアにアウトバストリートメントは入っていますか?今回は、アウトバストリートメントの正しい使い方と、選ぶ時のポイントを紹介しますので、参考にしてみてください。最近ではアウトバス製品でよく使われるヘアオイルが、実は髪にとって大敵!であることも、併せて説明しますのでぜひ最後までご覧ください。...

正しいブラッシングの方法

後頭部あたりをブラッシングする女性

ブラッシングは頭皮と髪の毛を健康へと導く反面、間違った方法でおこなうと、頭皮と髪を傷めかねません。頭皮と髪に優しくブラッシングをおこない、健康で美しい髪を保ちましょう。

毛先からとかす

まずは、毛先からとかします。髪の根元からブラシを通し、毛先が絡まったことはありませんか?絡まった毛先を力任せに引っ張ると、枝毛やダメージを引き起こすことも。ブラッシングで毛先のもつれがほぐれたら、絡まりやもつれが出てしまった箇所は特にやさしくほどくようにしましょう。毛先がブラッシングできたら、次は中間、根元は最後というように、意識してブラッシングすることで、髪へのダメージを最小限に抑えられます。

ブラシは側面からあてる

頭皮を傷めないブラッシングのポイントは、ブラシを『側面から』あてること。ブラシを垂直に押し当てると、頭皮を傷つけてしまいます。ブラシの側面からあてて、回転させるようにブラシを動かしてとかしましょう。

力を入れない

頭皮と髪の毛を傷めないためには、力強くブラッシングしてはいけません。やさしく丁寧にブラッシングするのが大切です。髪表面のキューティクルの流れにそってブラッシングすると、つややかで手触りのよい髪に仕上がります。

ブラッシング用ブラシは天然毛がオススメ

ブラシやくし、ハサミなどヘアケア用品

健康で美しい髪を目指すためには、ブラシ選びも重要なポイントです。でも、ブラシは種類が豊富で、どれを選んでよいのか迷いますよね。一歩でも美しい髪へ近づくためには、『天然毛』のブラシがオススメ!天然毛ブラシを使うメリットを紹介します。

静電気を防ぐ

髪にとって大きなダメージを与える静電気。天然毛のブラシは、ナイロン製のブラシと比べて、静電気が起きにくいのでおすすめです。特に、静電気を防ぐ効果が高いのは、豚や猪の天然毛を使用したブラシです。シャンプーやトリートメントのケアと合わせて、天然毛のブラシを使って、静電気から髪を守りましょう。

適度なうるおいを与えてくれる

適度な油分が含まれる天然毛のブラシは、ブラッシングする度に、髪の毛に適度なうるおいを与えてくれます。頭皮と髪の毛は、乾燥すると老化してしまい、様々なトラブルを引き起こします。健康で美しい髪を目指すためには、頭皮と髪の毛を乾燥させないことが大切。

良質な天然毛のブラシを使って、頭皮と髪の毛を乾燥から守りましょう。

シャンプーブラシで頭皮も髪も健康に!おすすめのシャンプーブラシの選び方&使い方シャンプーブラシは、正しく使用すれば頭皮や髪の健康にうれしい効果をもたらすアイテムです。しかし、選び方や使い方を間違うと、髪や頭皮のダメージにつながることもあります。この記事では、シャンプーブラシを使うメリットとデメリット、正しい選び方と使い方までお伝えします。...

良質なアイテムを使ったブラッシングは美髪への近道!

髪をブラッシングする女性

ブラッシングは手軽におこなえる上に、頭皮と髪の毛にとって、良い効果がたくさんあります。普段何気なくおこなっているブラッシングも、ちょっとした意識の変化で、頭皮と髪の毛をより健康な状態へと導きます。ブラッシングの効果を最大限引き出すためにも、ぜひ天然毛のブラシをオススメします。シャンプーやトリートメントのヘアケアと合わせて、日々の正しいブラッシングで、健康で美しい髪を保ちましょう

Authors

Slider