ヘアケア

夏に髪の毛の乾燥を放置するのはNG!おすすめのケアは?

夏に髪の毛の乾燥を感じても「こまめにケアするのはめんどくさい」と思って、そのまま放置している方はいませんか?

夏に髪が乾燥した状態を放置すると、パサつきや切れ毛、枝毛ができやすくなるので注意が必要です。

 乾燥させたままにしないほうが良い理由とおすすめのケア方法をご紹介します。ぜひ参考にして、夏でも健康的な美髪をキープしましょう。

夏に髪の毛の乾燥を放置するのはダメ?起こりやすいトラブルとは

ハンディファンを使う女性

夏になると降り注ぐ紫外線量が増えます。髪や頭皮は身体の一番上にあるので、紫外線による影響を受けやすいのですが、「髪の紫外線ケアをしていない」という方は多いでしょう。

紫外線を浴びると、髪も肌と同じように乾燥します。乾燥している状態を放置すると、髪を覆っている「キューティクル」が乱れて剥がれやすくなります。キューティクルが剥がれると、剥がれた部分から水分だけでなく栄養分も流れ出てしまい、さらに乾燥が進みます。

その他にも髪の乾燥が進むと、うねりや広がりなどのトラブルも起こすことがあります

紫外線だけでなく、エアコンの風も髪を乾燥させる原因の一つ。エアコンの風は、髪の乾燥を進ませるのです。

両手で毛を広げる女性
髪と頭皮が乾燥することでトラブルが起きる?髪と頭皮が乾燥する原因とは頭皮のかゆみや髪のパサつきが気になっている方必見。原因は髪と頭皮が乾燥しているからかもしれません。なぜ髪と頭皮が乾燥するのか、髪と頭皮が乾燥すると起こるトラブルの種類をあわせて解説します。...

夏に髪の毛の乾燥を防ぐ方法!うるおいをキープしよう

女性の斜め後ろからのカット

夏は紫外線やエアコンの風によって髪は乾燥しやすいです。乾燥を放置するとパサつきや切れ毛、うねりなどのトラブルを起こしてしまいます。

夏に髪の毛の乾燥を防ぐ方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

キューティクルを整える洗い流さないトリートメントを使う

髪が乾燥してキューティクルが剥がれた状態では、いくら水分や栄養分を補給しても、剥がれた部分から出ていってしまいます。

すでにうねりやパサつきを感じているなら、まずは乱れたキューティクルを整えてさらに剥がれないように気を付けましょう。

そのため、キューティクルを整える効果が期待できる、洗い流さないトリートメントを使いましょう

▼おすすめの洗い流さないトリートメントはこちら

アミノ酸が主成分でヒアルロン酸が高配合のシャンプーを使う

キューティクルを整えるケアのほかにも、流出した水分と栄養分を髪に補うケアも大切。おすすめは、アミノ酸が主成分でヒアルロン酸が高配合のシャンプーを使うことです。

ヒアルロン酸は肌だけでなく髪の水分も保持することが可能。なんと1gで6,000mlもの水分を保持します。

アミノ酸は髪と同じ成分なので洗いながら髪に栄養分を補ってくれます。栄養分と水分が十分な髪はハリとコシが出るため、少しの刺激を受けても、大ダメージにつながることはありません。

▼おすすめのシャンプーはこちら

髪の紫外線対策にも気を使う

せっかくキューティクルを整えて髪に栄養と水分を与えたのに、紫外線対策しないのはもったいないことです。

紫外線によってキューティクルにダメージを与えないよう、日傘や日よけ帽子、アウトバストリートメントで紫外線対策を行いましょう。特に紫外線散乱剤が入ったアウトバストリートメントは、紫外線対策に効果的です。

紫外線が髪と頭皮を老けさせる!?紫外線ダメージを残さないケア方法とは紫外線は美容の大敵というのは常識ですが、髪と頭皮のUV対策はどうでしょうか? 肌だけでなく、髪と頭皮も紫外線のダメージを受けます。...

夏に注意したい!乾燥が悪化する行動は?

ドライヤーを使う女性

夏は紫外線やエアコンの風によって、ただでさえ髪が乾燥します。したがって、この時期には避けたい行動がいくつかあります。いずれも髪の乾燥を悪化させる可能性があるので、注意して夏を過ごしましょう。

ドライヤーの温風を当てすぎない

ドライヤーの温風を必要以上に当ててしまうと、オーバードライとなるため、髪の乾燥は悪化してしまいます。髪がある程度乾いたら、いったん冷風を当てて髪の熱を冷ましてください。指で髪を触り、水分がついたら再び温風をかけます。水分がつかなければドライヤー終了のサイン。それ以上温風を当てないよう、ぜひこの方法でドライヤーを使ってみてください。

バランスの整った食事を心がける

夏バテなどで食生活が乱れやすい夏は、髪が栄養不足となり、やせ細った髪が育ちます。そのような髪はダメージの影響を受けやすく、ほんの少し刺激が加わるだけで、キューティクルが剥がれたりすることがあります。食生活による影響を与えないよう、バランスの整った食事も心がけましょう

髪の乾燥を放置せず正しいケアでうるおいをキープしましょう

夏に髪の毛の乾燥を放置すると、キューティクルが剥がれた部分から水分と栄養分が流れ出たままになってしまいます。

キューティクルの乱れを整えるアウトバストリートメントを使用したり、髪に栄養分と水分を補えるヘアケアをおこなうなど、乾燥対策を行いましょう。

ドライヤーの温風を当てすぎない、バランスの整った食事を心がけるなど、乾燥が悪化する行動を避けることも忘れないでくださいね。

Authors

  • エスアイシーグループ 代表
    美容師、美容学校教諭を経て自身の美容室を開業。髪に悩むお客様の要望に応えるため、商品開発にも取り組み、エスアイシーグループを設立。

  • 【髪の悩み】毛先のパサつき、髪のダメージ 学生時代からの髪の悩みは、日々のヘアケアから見直すべきと知り、正しいヘアケア方法について徹底的に調べる。そこで得た知識をシェアすることに力を入れている。

Slider