くせ毛

湿気はくせ毛さんの大敵!おすすめのヘアケアでストレートヘアをキープ

梅雨の時期に入ると湿気が多い日が続くため、くせ毛の方は特に「スタイリングがしにくい」「何をしても髪が広がってしまう」と髪のトラブルを感じやすいのではないでしょうか?

そこで今回は湿気が多い時期にくせ毛さんにおすすめしたい、ストレートヘアをキープするヘアケア方法をご紹介します。ぜひ参考にして、梅雨でも真っ直ぐで美しい髪を手に入れましょう。

くせ毛さんの髪はどうして湿気に弱いの?

ショートカットの女性の後ろ姿

くせ毛は他の髪質よりも湿気に弱いという特徴があります。くせ毛は髪の水分量が少なく、常に髪が乾燥した状態になっているのです。

湿気が多いということは、空気中の水分量が多いということですから、乾いた髪は水分をどんどん吸収してしまいます

水分を髪が吸収すると、髪の吸収が多い箇所と少ない箇所が出てきて、髪の毛の水分量にムラが生じます。すると髪の水分バランスが乱れ、髪の毛が重い箇所(水分が十分にあるところ)と軽い箇所(水分が少なく乾燥しているところ)が出てきます。すると、髪がうねったりしやすくなるのです。

髪にダメージがあるくせ毛さんは、さらに水分バランスが乱れているので要注意!ダメージ毛は、髪を覆うキューティクルが損傷していて、損傷個所から栄養分と水分が流出し続けます。ダメージ毛は水分バランスがさらに乱れているため、うねった部分と真っ直ぐな部分が混ざり合い、梅雨の時期は余計にスタイリングがしにくくなってしまいます。

くせ毛さんに起こりやすい湿気によるヘアトラブル

傘をさして、髪を触っている困り顔の女性

くせ毛さんに起こりやすい湿気によるヘアトラブルには、

  • 髪のうねり
  • 髪の広がり
  • スタイリングがすぐに崩れる

などがあります。

これらの悩みはくせ毛以外の髪質でも起こりますが、先程お伝えしたように、常に水分が不足しているくせ毛はトラブルの度合いが違うのです。

くせ毛の方はうねりがひどく、スタイリングしてもまっすぐにならなかったり、スタイリング直後にうねったり広がったりしてしまうということです。

くせ毛でも湿気に負けない!おすすめのヘアケア習慣

ドライヤーをする女性

くせ毛は湿気に弱いからと言って、スタイリングを諦めたくはないでしょう。ここからは、くせ毛でもストレートヘアをキープできるおすすめのヘアケア方法をご紹介します。ぜひ参考にして、湿気に左右されない真っ直ぐな髪を手に入れてくださいね。

1.洗い流さないトリートメントで髪を保湿する

くせ毛が湿気でうねる原因は髪の乾燥ですから、髪を保湿して適度に潤いを与えれば水分バランスが乱れるのを防げます。

髪を保湿する方法は、お風呂上がりにトリートメントを使うだけなので簡単です。トリートメントにはさまざまな種類がありますが、「うるおいを与える」ことに注目した商品がおすすめ。

保湿に特化したトリートメントを使い、水分バランスを整えてあげることで湿気に負けない髪へと導けます。

▼洗い流さないトリートメントはこちらがおすすめ

2.オイル系のヘアケア用品はNG

洗い流さないトリートメント代わりとしてヘアオイルが多くのメーカーから販売されていますが、実は髪の乾燥につながるため使用は控えるべきなのです

オイルはシャンプーなどで洗い流しても落ちず髪に残り続けます。オイルが蓄積した髪は栄養や水分を弾いてしまうため、使うほどに髪は乾燥し、パサつきはひどくなるのです。

ヘアオイルだけでなく、オイルが含まれたシャンプーやトリートメント、スタイリング剤など、オイルが入ったものは全般的に同じことが言えますので使用を控えましょう。

【衝撃の事実】ヘアオイルは実は髪に良くない!ダメージの本当の原因はこれだったお風呂上りや朝のヘアケアにオイルを使っていませんか?そのオイル、実はヘアダメージの原因になっているかもしれません。 「ヘアオイルで...

3.ドライヤーの使い方を見直す

ドライヤーをあてる際、風を下から上に向かって当ててしまうと余計に髪が広がってしまいます。反対に上から下に向かって風を当てると、髪が広がりにくくなるのでぜひ試してください

また、髪を軽く下に引っ張りながら乾かすとうねりを防げます

くせ毛の方はドライヤーのあてすぎに注意しましょう。オーバードライになってしまうと、髪の内部に必要な水分まで乾いてしまいます。その結果、湿気・乾燥などの湿度変化によって癖が出やすくなってしまうのです。

だからと言って、半乾きで放置するのは良くありません。そこでおすすめしたいのが、ある程度ドライヤーの温風で乾かしたあとに冷風を使う方法です。冷風を使うことで、オーバードライを防げます。乾かした後、少し湿っていると感じても指に水分が付かなければ十分に髪が乾いている証拠です!反対に、それ以上乾かしすぎるとオーバードライになり兼ねませんので、ぜひ参考にしてみてください。

髪に冷風を当てるとキューティクルが引き締まることで髪にツヤ感が出るメリットも得られます。

美髪の基本!正しいドライヤーのかけ方とは?くせ毛が扱いやすくなるポイントも解説お風呂上り、髪が濡れている時はストレートなのに、乾くとうねる・パサつくというお悩み、ありませんか?そんな方に見直してみてほしいのが、ドラ...

くせ毛さんが湿気が多い時期にやらない方がいい対策

手を前に出してストップする女性

湿気によるうねりを防ぐために、ストレートパーマや縮毛矯正を検討する方もいるかもしれませんが、実はこれはおすすめできません

ストレートパーマは永久的なものではないため、ストレートをキープするために施術を繰り返す必要があります。縮毛矯正は永久的なものですが、髪が伸びた根元が気になるため数か月ごとに施術を繰り返すのではないでしょうか。これらの施術は、髪にダメージを与えるだけと言っても過言ではありません。

ダメージが蓄積することで、さらにくせやうねりに悩まされることになる可能性大!施術をおこなうのではなく、まずはセルフケアでダメージを修復して、湿気に強い髪を育てましょう

正しいヘアケア方法を知ってくせ毛による悩みを解消しよう

乾燥して水分が不足しているくせ毛は、湿気に影響されやすいため、うねりや広がりなどのヘアトラブルに悩まされます。

洗い流さないトリートメントを使用する、オイル系のヘア用品は使用しない、ドライヤーの使い方を見直すなどの方法で、湿気に負けないヘアを目指しましょう。

縮毛矯正やストレートパーマはダメージの蓄積により、くせやうねりの悩みが悪化する可能性があるので、まずはセルフケアに力を入れてくださいね。

Authors

  • エスアイシーグループ 代表
    美容師、美容学校教諭を経て自身の美容室を開業。髪に悩むお客様の要望に応えるため、商品開発にも取り組み、エスアイシーグループを設立。

  • 【髪の悩み】毛先のパサつき、髪のダメージ 学生時代からの髪の悩みは、日々のヘアケアから見直すべきと知り、正しいヘアケア方法について徹底的に調べる。そこで得た知識をシェアすることに力を入れている。

Slider