ヘアケア

ヘアカラーを長持ちさせるコツとは?ヘアカラーを長く楽しもう

美容師と話す女性

「せっかくヘアカラーしたのに、色が長持ちしない・・・」「染めたてをキープして、色落ちを防ぎたい!」このような、ヘアカラー後の色落ちに悩んでいる人は、多いのではないでしょうか。一般的に、ヘアカラーで使用する薬剤(種類によって差はあります)は髪と頭皮にダメージを与えてしまうため、髪を染めるたびに髪が傷みます。ダメージを受けた髪は、ヘアカラー後の色落ちだけでなく、ごわつきやパサつきなどのトラブルが起こりやすいです。とはいっても、ヘアカラーをしてオシャレを楽しみたいですよね。ヘアカラーの施術を受けた髪を健やかに導くホームケアを行うことで、ヘアカラー後の色落ちやトラブルを防ぐことができます。この記事では、ヘアカラーを長持ちさせるための知識と、ヘアケアのコツをわかりやすく解説します。髪と頭皮にとって最適なヘアケアを実践して、ヘアカラーを長く楽しみましょう。

ヘアカラーの仕組み

ヘアカラーサンプルを指差す

ヘアカラーは、髪を保護するキューティクルを開いて、髪の色素を抜いてから、色を髪内部に入れる仕組みです。一般的なヘアカラーには、黒髪を染めるおしゃれ染めと、白髪を染める白髪染めがありますが、色をつける仕組みはどちらも同じです。

なぜヘアカラーは長持ちしないの?

毛先を見る女性

キューティクルを開いて、髪の内部に色を入れるヘアカラー。しかし色素を抜く過程で、髪の栄養分であるたんぱく質や水分が多く流れ出てしまうため、一般的にヘアカラーの施術は髪にダメージを与えるといわれています。ダメージを受けた髪は、キューティクルが乱れて剥がれやすいです。髪を覆うキューティクルが剥がれると、剥がれた部分から髪の栄養分や水分が流出し続け、髪の乾燥が進み、ごわつきやパサつきが起きてしまいます。ヘアカラーが長持ちしない原因は、栄養分と水分が流出するときにカラー剤も一緒に流れ出てしまうことにあります。剥がれたキューティクルの部分から、ヘアカラーの色は日に日に抜け落ちることに・・・。これが、ヘアカラーが長持ちしない理由です。

自宅でのヘアケアも色落ちする原因!

ヘアカラー後に色落ちする原因は、髪のダメージが進むことにあります。髪のダメージはヘアカラーなどの施術だけではありません。自宅での誤ったヘアケアも髪にダメージを与えます洗浄成分が強すぎるシャンプーや、毛穴を詰まらせる成分のあるトリートメントなどが頭皮に付着することでダメージが進み、色落ちを早めます。

ヘアカラーを長持ちさせる!バスタイムのヘアケア法

リゾートのバスルーム

ダメージによって、徐々に色落ちしてしまうヘアカラー。サロン帰りのきれいな色を、一日でも長持ちさせたいですよね。ヘアカラーを長持ちさせるためには、自宅でのヘアケアでヘアダメージの進行を止めて、ダメージから髪を守ることが大切。ヘアカラーを長持ちさせるためのヘアケアのコツを紹介します。

栄養分と水分が補給できるシャンプーを選ぶ

ヘアカラーを長持ちさせるためには、シャンプー選びが大切。ヘアカラーが色落ちする原因は、キューティクルの乱れです。洗浄力が強すぎるシャンプーなどは髪に必要な水分を奪ってしまうため、髪の水分バランスが崩れ、ダメージをより進めます。ダメージが進んだ髪はキューティクルがさらに乱れやすくなるため、髪の水分や栄養分を整える効果があるシャンプーを選びましょう。ヘアカラーを長持ちさせるための、シャンプー選びのポイントは3つ。

アミノ酸が主成分

髪と同じ成分の『アミノ酸』が主成分のシャンプーは、髪に栄養分をたっぷりと補給できます。栄養分が十分に行き渡った頭皮と髪には、自然なツヤが生まれます。ヘアカラーで染めた髪の色も、より美しく見せることができるでしょう。

ヒアルロン酸高配合

化粧品の成分でおなじみの『ヒアルロン酸』。ヒアルロン酸は、1gで6,000mlもの水分を保持することができる保湿成分です。頭皮と髪も肌と同じで、水分が必要不可欠。保湿成分であるヒアルロン酸が高配合のシャンプーを選びましょう。

弱酸性

健康な髪と頭皮の状態は弱酸性。ヘアカラーの施術をおこなった髪や頭皮は、アルカリ性に傾きやすいです。髪や頭皮がアルカリ性に傾けば傾くほど、乾燥などのトラブルが生じます。そのため、髪と頭皮を健康な状態に戻すためには、弱酸性の状態に戻すことが大切。弱酸性のシャンプーを選んで、ヘアカラーが長持ちする健康的な髪と頭皮を目指しましょう。

▼3つのポイントをおさえているシャンプーはこちらから

正しい方法で頭皮と髪を洗う

シャンプー選びと同じくらい大事なのが、正しい方法で頭皮と髪を洗うこと。たとえ良質なシャンプーを選んでも、間違った洗い方をすれば、頭皮と髪にダメージを与えてしまいます。そうなれば、当然ヘアカラーも長持ちしません。

頭皮と髪にダメージを与えず、ヘアカラーを長持ちさせる洗い方のポイントは3つ。

  1. シャンプーは手で泡立てずに、頭皮で泡立てる
  2. 指の腹でマッサージをするように地肌を洗う
  3. 洗い流す前に、髪を指ではさみ、根元から毛先まで通して泡を浸透させる

この洗い方を実践すれば、頭皮と髪は見違えるように健康になっていきます。良質なシャンプー選びと、正しいシャンプーの仕方を実践して、髪のキューティクルを整えましょう。そうすれば、ヘアカラーを長持ちさせることができるでしょう。

トリートメントでキューティクルを閉じる

普段、どのような基準でトリートメントを選んでいますか?評判のよいものやお手頃のものなど、「なんとなく」で選んでいる人も多いのではないでしょうか。ヘアカラーを長持ちさせるためには、良質なトリートメントを使うことが、とても重要なポイントです。そこでオススメなのが、『ゴッホスタイリング コンディショニングマスク』。ヘアカラーを最大限長持ちさせられる、髪の毛にとって極上のトリートメントです。ゴッホコンディショニングマスクの優れた特徴を紹介しながら、ヘアカラーを長持ちさせるコツをみていきましょう。

▼コンディショニングマスクはこちらから

キューティクルが整うので、髪色キープ

キューティクルは髪が濡れると開く性質があります。キューティクルが開いている状態で摩擦などの刺激が加われば、キューティクルは簡単に剝がれてしまいます。ゴッホスタイリングのコンディショニングマスクには、日頃のダメージで乱れたキューティクルを整えるだけではなく、シャンプー後の髪のキューティクルを髪が濡れた状態でも閉じる効果があります。さまざまなダメージによってキューティクルが傷つき、色落ちするヘアカラー。シャンプーで栄養分や水分を補っても、最後にキューティクルを閉じなければ、結局外に流れ出てしまいます。そのためトリートメントは、キューティクルをしっかりと閉じる効果があるものを選ぶのが大切。『ゴッホスタイリング コンディショニングマスク』は、キューティクルをきゅっと引き締めるため、ヘアカラーだけでなく、栄養分も水分も逃がしません。きれいな髪色を保ちながら、さらに髪を健康な状態でキープすることができますよ。

髪と頭皮にやさしいシリコンフリー

一般的なトリートメントの多くは、髪の手触りをよくするために、シリコンが配合されています。シリコンとは、髪をツルっとさせるための成分です。ただし、シリコンは吸着力が強いため、頭皮に残りやすく毛穴に詰まりがち。頭皮の毛穴が詰まると、正常な髪が育ちにくく、栄養不足の細く抜けやすい不健康な髪が生えてしまいます。このような不健康な髪の毛はほんの少しダメージが加わるだけでキューティクルが剥がれるため、ヘアカラーできれいな色を入れても長持ちせず、すぐに色落ちする原因になります。一方、ゴッホスタイリング コンディショニングマスクは、シリコンフリーのトリートメント。頭皮の毛穴詰まりを起こさないのが特徴です。また、髪の手触りをよくする効果がある天然成分を配合しているため、ノンシリコンだからといって髪がきしむ心配もありません。

アウトバスケアがヘアカラーをさらに長持ちさせる!

ヘアクリームを手に取る

お風呂でのヘアケア後には、アウトバスでのケアをプラスして、ヘアカラーをより長持ちさせましょう。

アウトバストリートメントで保護する

普段のヘアケアで、洗い流さないトリートメントは使っていますか?アウトバスケアでも、シャンプー・トリートメントで補った栄養分と水分を逃さないように、しっかりと保護することが大切です。さらに、アウトバストリートメントの成分も、髪に栄養や水分を与えられるアイテムがベスト。シャンプーやトリートメント選びと同じで、アミノ酸やヒアルロン酸が配合されたアイテムがオススメです。キューティクルを整えて、栄養分や水分を髪内部へしっかりと閉じ込めましょう。

▼アウトバストリートメントにはこちらがおすすめ

髪を濡れたままにしない

濡れている髪の毛は、キューティクルがはがれやすい状態。濡れたまま寝てしまうと、布団や衣類などによる摩擦が加わり、髪にとっては大ダメージ!ヘアカラーの色落ちも、一層加速してしまいます。洗髪後は、髪を乾かすことを習慣にしましょう

頭皮と髪を健康にすることがヘアカラー長持ちのコツ

ブラッシングして笑顔の女性

髪のキューティクルが乱れることで色落ちするヘアカラー。

ヘアカラーを長持ちさせるコツは、以下の5つです。

  • 栄養分と水分が補給できるシャンプーを選ぶ
  • 正しい方法で髪を洗う
  • トリートメントでキューティクルを閉じる
  • アウトバストリートメントで保護する
  • 髪を濡れたままにしない

どれも頭皮と髪の毛を健康に導き、髪のキューティクルを整える大事なヘアケアばかり。ぜひ今日から実践していただき、ヘアカラーを長持ちさせつつ、健康的な頭皮と髪を手に入れましょう。トリートメントは、ヘアカラーを最大限長持ちさせられる『ゴッホスタイリング コンディショニングマスク』がオススメです。ぜひ極上のトリートメントを体験してみてはいかがでしょうか?

Authors

Slider