ヘアケア

シャンプーは朝と夜どっち派?適切なシャンプーの頻度とタイミングを知ろう

一日に何度もシャンプーをしたくなっていませんか?

寝ぐせ直しを兼ねて朝シャンプーをされる方もいます。

頭皮や髪の毛のことを考えたとき、「一日に何度もシャンプーして大丈夫かな」と心配になる方も多いのではないでしょうか。

ここでは、シャンプーの頻度や、シャンプーを毎日しないとどんなことが起こるのか、何度もシャンプーをしたくなった時はどうしたらいいのかなど、詳しく解説していきます。

シャンプーは朝より夜がいい!

夜シャンプーではなく、朝シャンプー派だ!という方はいらっしゃるのではないでしょうか。

実のところ、朝シャンプーはおすすめできません。汚れている状態のまま就寝してしまうと、菌が増殖しトラブルを引き起こすきっかけとなる可能性があります。寝ている間も汗をたくさんかくため、汚れや皮脂が蓄積され、さらに菌が増殖することも…。

一日の汚れを取って髪と頭皮を清潔にすることができる、夜シャンプーをおこなうようにしましょう。

夜シャンプーがオススメな理由とは

夜シャンプーがいい理由は「一日の汚れを落とす」以外にもあります。

それは、頭皮にとって、不要な皮脂と汚れをしっかり落とすことができることです。朝のシャンプーは時間がない中で慌てて行ってしまうことも多いため、洗い残した箇所があったり、頭皮をしっかり乾かせていないことがあります。

頭皮を清潔に保つことができないと、ニキビができたり、薄毛の原因になることがあります。したがって、朝に比べて時間の確保が可能な夜にシャンプーをおこないましょう。

一日1回シャンプーをしよう!

シャンプーする女性

シャンプーの基本は「一日1回」が適切。

毎日シャンプーをしない、ナチュラル志向の湯シャンが流行していますが、必ず「一日1回」のシャンプーをおこないましょう。知らず知らずのうちに、ホコリや汚れ、ニオイが頭皮に付着しています。

頭皮に汚れも蓄積していますので、このような方も一日1回は必ずシャンプーをして頭皮と髪を清潔に保ちましょう。

一日に何度もシャンプーをすると皮脂が少なくなり、頭皮が乾燥しやすくなります。

それを補うために、皮脂の分泌が過剰になり頭皮がベタついたり、それに伴い雑菌も繁殖しやすくなる可能性があるのです。

また、シャンプーを一日に一度もしないノーシャンプーも同じトラブルを引き起こす可能性があり、上記の症状に加えて頭皮の痒みといったトラブルに見舞われてしまうこともあります。

1日に何回もシャンプーをしても大丈夫?

?がいっぱいの女性

1日に何度もシャンプーをしたくなる時ありますよね。

髪と頭皮に優しい成分のシャンプーなら、何度もシャンプーしてもOKです!

原則、シャンプーは一日に1回でいいのですが、一日に何度もシャンプーをしたくなるようなときはアミノ酸やヒアルロン酸が高配合のシャンプーで洗いましょう。

一般的なシャンプーには、洗浄力の強い成分が使われていることが多いため、必要な皮脂を洗い流してしまうなどトラブルのもとになります。

ですが、髪の毛と同じ成分であるアミノ酸と保湿力の高いヒアルロン酸が高配合のシャンプーであれば、髪と頭皮に優しく必要な皮脂を洗い流してしまう心配がありません。

また、シャンプーで洗い流されてしまう水分と栄養分を補給しつつシャンプーが行えるため、潤いとツヤのある髪を保ったまま汚れだけを取り除いてくれるという特徴があります。

洗浄力が強いシャンプーは1日1回がおすすめ!

洗浄力が強いシャンプーを使用している方は、1日に複数回シャンプーをすることは避けましょう。

一日に何度も洗浄力が強いシャンプーで頭皮を洗うと、皮脂が少なくなり、頭皮が乾燥しやすくなります。

それを補うために、皮脂の分泌が過剰になり頭皮がベタついたり、それに伴い雑菌も繁殖しやすくなる可能性があるのです。

また、シャンプーを一日に一度もしないノーシャンプーも同じトラブルを引き起こす可能性があり、上記の症状に加えて頭皮の痒みといったトラブルに見舞われてしまうこともあります。

1日1回のシャンプーじゃ満足できない!シャンプーの仕方が間違っている可能性も…

頭をかく女性

一日に何度もシャンプーをしたい!という方はいませんか?

一日に何度もシャンプーをしたくなるのは、もしかするとシャンプーの方法が間違っているからかもしれません。

この機会にシャンプーの仕方が正しい方法でできているか、チェックしてみましょう!

  • ブラッシング

シャンプー前のブラッシングをすることで、付着した汚れやホコリを浮かせ、取り除くことができます。

付着した汚れを浮かせることでシャンプーでしっかり取り除くことができ、なおかつブラッシングをすることでシャンプーの泡立ちもよくなります。

シャンプー前のブラッシングはとても大切です。

  • 予洗い

シャンプーの洗い上がりを左右するといってもいいくらいなのが予洗いです。

ブラッシングで浮かせた汚れやホコリは、予洗いをきちんと行うことで8割落とすことができると言われています。

髪の長い方は特に、しっかり濡らしているようでも根元まで濡れていないこともあるため、シャワーヘッドを頭皮に当てながら、全体がきちんと濡れるよう予洗いしましょう。

  • シャンプー
かごにはいったシャンプーやタオル

シャンプーを適量手に取ったら、頭頂部、こめかみ、後頭部など数か所に直接シャンプーをつけます。

手のひらで泡立ててから付けるイメージがありますが、シャンプーは頭皮で泡立てるのがポイントです。

手のひらについているシャンプーは、手のひら全体に伸ばしてから、指の腹を使い頭皮をマッサージするように頭皮を洗います。

  • すすぎ
毎日のヘアケア

頭皮と髪の毛にシャンプーが残らないよう、予洗いと同じようにしっかりすすぎを行います。

すすぎは丁寧に行います。

シャワーヘッドを頭皮に直接当て、指の腹をつかいすすぎ残しがないかチェックながら行っていきましょう。

すすぎがしっかり行えてないと、髪の表面の泡だけが流れ頭皮に残ってしまうことがありますので、時間をかけてきちんと洗い流してください。

夜シャンプーの質をあげて頭皮と髪をトラブルから守ろう!

シャンプーの質をあげることにより、一日1回でも満足できる仕上がりにすることは十分可能です。

もちろん、状況に合わせシャンプーの頻度を変えることもできますが、その場合はアミノ酸やヒアルロン酸が高配合のシャンプーを使うこと、洗浄力の強すぎるシャンプーは使わないということは必須ポイントです。

適切なシャンプーの頻度とタイミングを知って、頭皮を清潔に保ちましょう。

Authors

Slider