ヘアケア

夏に起こりやすい髪の悩みとおすすめの対処法4選!美髪を目指そう

「夏になると髪の悩みが増える」と感じている方は決して少なくないはずです。夏になるとパサつきなどのヘアトラブルを感じる機会が多くなりますよね。

今回は夏に起こりやすい髪の悩み・原因と、おすすめの対処法をご紹介します。ぜひ参考にしてキレイな髪で夏のレジャーを楽しんでください。

夏に起こりやすい髪の悩みとその原因!

頭をかく女性の後ろ姿

ではまず、夏に起こりやすい髪の悩みとその原因から説明していきます。

紫外線によるキューティクルの乱れが原因

夏の紫外線は、髪を覆うキューティクルを乱れさせる原因となります。乱れたキューティクルをケアせずそのまま放置すると、キューティクルが剥がれる原因につながることも。

その結果、髪にツヤが出なくなり、乾燥などの悩みを招きかねません。キューティクルが乱れると起こる悩みについて詳しく解説します。

乾燥

夏になると髪がパサつきを感じやすくなりますよね。キューティクルが乱れると、髪の乾燥が進みパサつきやすくなります

その理由は、髪を覆うキューティクルが剥がれたり傷ついたりする(傷つくと閉じずに開きっぱなしになる)ことで、髪内部の栄養分や水分が流出し続けます。すると、髪が乾燥してしまうのです。

ヘアカラーが色褪せる

キューティクルが傷つくと髪の内部の水分だけでなくカラー剤などの成分も流れ出てしまうため、ヘアカラーの持ちが悪くなります

夏になるとカラーが色褪せて見えたり、すぐに色落ちしてしまったりするのは、夏のキューティクルにダメージを与える紫外線が関係しているのです。

汗や皮脂の汚れが原因

夏になると汗をかきますが、当然頭皮も汗をかきます。実は、顔と比べて頭皮の汗や皮脂の量は多いのを知っていますか?ではここから、汗や皮脂の汚れをしっかり落としきれずに放置することで発生する悩みを紹介します。

ベタつき

汗をかくとベタつきます。しかしベタベタの原因は汗だけではありません。汗や皮脂の汚れを放置することも原因のひとつ。頭皮の汚れを放置すると、毛穴に汚れが詰まりベタつきにつながります。このようなトラブルは、髪全体がベタベタしていたり、ぺったりして見えるのも夏に多いトラブルです。

髪が細くなる

健康な髪は頭皮から育つため、頭皮にダメージを与えると抜け毛や細毛などの悩みが生じやすくなります。

特に夏は汗や皮脂の汚れで、頭皮環境が悪くなりやすい季節。頭皮環境が悪い状態で、紫外線などのダメージを頭皮に浴びてしまうと、頭皮には大ダメージです。

その結果、頭皮が硬化し栄養が行き渡らなくなり、将来的に髪が細くなることも…。ボリュームダウンや薄毛に悩まされる可能性もあるので注意が必要です。

夏も美髪に!悩みを解決するためのおすすめの対処法4選

女性のバックショット、空

夏は何もケアしないと、さまざまなトラブルが起こることはもうおわかりいただけたでしょう。ここからは夏でも美髪をキープするために、おすすめの対処法をいくつかご紹介します。

1.紫外線ダメージを防ぐ

紫外線によるダメージを防ぐには、UVカット機能のある帽子や日傘の使用がおすすめです。帽子や日傘を使用できない環境にあるときは、髪をお団子のようにまとめることがオススメ。紫外線が直接当たる部分が減るのでその分ダメージも防げます。

2.冷房の風が直接当たらないようにする

夏になると欠かせない冷房ですが、直接髪にあて続けてしまうと、髪の乾燥を悪化させてしまいます。冷房や扇風機の風は直接当たらないよう、風向には常に気を使いましょう

3.海やプール後は早めに髪を洗う

海水やプールの塩素も、髪のキューティクルを傷つける原因の一つです。海やプールに行った後は、できるだけ早めに髪を洗うのがベスト。

海水やプールで濡れた髪はそのまま乾かさず、まずは真水で海水や塩素を洗い流してください。その後シャンプーをしてトリートメントで髪のキューティクルを整えましょう。

4.シャンプーの仕方を見直す

シャンプーの仕方が間違っていると、紫外線などによって受けたダメージがさらに悪化してしまいます。

夏の髪の悩みを改善したいなら、シャンプーの仕方も見直しましょう。

正しいシャンプー方法
  1. ブラシで髪をとかし、ホコリや汚れを落とす。
  2. シャンプー前の予洗いをする。頭皮にしっかりとお湯をかけ、髪の中に指を入れてしっかりと予洗いを行いましょう。
  3. 頭頂部とこめかみにシャンプーを直接つける。
  4. 手の平に残ったシャンプーを使い、指の腹でしっかり泡立てて地肌を洗う。頭皮全体を指の腹でマッサージするように優しく洗うのがポイント。
  5. すすぎ残しのないよう、しっかり洗い流す。
さっと洗ってない?シャンプーの正しい方法を今日から実践しよう普段何気なく行っているシャンプー。正しくシャンプーできていますか?今回は、抜け毛・かゆみ・パサつきなどのヘアトラブルを軽減し、美髪へとつなげる事の出来る正しいシャンプーの方法についてご紹介します。...

夏にしがちなNGヘアケア!髪へのダメージが増える?

髪をタオルドライする女性

夏は暑いからと、ドライヤーを使わずに自然乾燥させる方もいるかもしれません。髪を自然乾燥させると、長時間濡れたまま放置されるので、頭皮の雑菌が繁殖することがあります。雑菌が原因で、頭皮環境が悪くなり、ニオイやベタつきなどのトラブルを招いてしまうことも…。扇風機の風も、頭皮がしっかり乾かないのでNGです。暑いかもしれませんが、夏でもしっかりとドライヤーで髪を乾かしましょう

美髪の基本!正しいドライヤーのかけ方とは?くせ毛が扱いやすくなるポイントも解説お風呂上り、髪が濡れている時はストレートなのに、乾くとうねる・パサつくというお悩み、ありませんか?そんな方に見直してみてほしいのが、ドラ...

夏は髪のダメージケアに力を入れて

夏は紫外線や皮脂汚れなどにより、髪と頭皮にさまざまな悩みを生じさせます。

ケアをしないと乾燥やパサつき、ベタつきなどに繋がるため、紫外線ケアや正しいシャンプーを行うなどきちんと対策をしましょう。夏でもサラサラで潤いを感じる美髪を目指してくださいね。

Authors

  • エスアイシーグループ 代表
    美容師、美容学校教諭を経て自身の美容室を開業。髪に悩むお客様の要望に応えるため、商品開発にも取り組み、エスアイシーグループを設立。

  • 【髪の悩み】毛先のパサつき、髪のダメージ 学生時代からの髪の悩みは、日々のヘアケアから見直すべきと知り、正しいヘアケア方法について徹底的に調べる。そこで得た知識をシェアすることに力を入れている。

Slider