ヘアケア

さっと洗ってない?シャンプーの正しい方法を今日から実践しよう

普段何気なく行っているシャンプー。シャンプーは頭皮トラブルを防いだり、頭皮そのものを健やかにしたりなど、大きな効果を得られるものです。抜け毛・かゆみ・パサつきなどのヘアトラブルも軽減し、美髪へとつながるシャンプーの方法についてご紹介します。

正しいシャンプーの仕方とは?

そもそも、正しいシャンプーの仕方をご存じですか?まずはシャンプーを行うにあたって大切な基礎をご紹介します。今日から取り入れられるものばかりなので、頭皮トラブルや髪のごわつき、パサつきなどが気になる方は早速取り入れてみましょう。

ブラッシングをして髪の汚れ、もつれを除去する

まずはお風呂に入る前に、天然毛のヘアブラシを使って頭皮や髪の毛をブラッシングしましょう。ブラッシングには、髪が絡まる原因となる抜け毛やホコリなどの汚れを取る役割があります。ブラッシングをせずにそのままシャンプーを行うと、髪が絡まり、余計なヘアトラブルを招くことがあります。ブラッシングを行うことで、絡まりや汚れが落ちているため、シャンプーがしやすくなり、スムーズに洗えるといったメリットがあります。

ドライヤーとブラシで髪を乾かす女性
ブラッシング効果で美髪を目指そう!正しい方法とタイミング・ブラシ選びを解説ブラッシングには、健康で美しい髪に近づくための良い効果がたくさんあります。ただし、正しい方法と適切なタイミングで行わないと、反対に頭皮と髪の毛にダメージを与えてしまうこともあります。今回はブラッシングの効果と、その効果を最大限発揮するために抑えておきたいポイントをを徹底解説します。...

頭皮と髪を充分に濡らす

予洗いという言葉を聞いたことがあるでしょうか。予洗いとは皮脂や汚れを洗い流すことで、その後のシャンプーやトリートメントの効果を発揮しやすくするために必要です。シャンプー前の予洗いは3分以上が理想だと言われています。髪の中に指を入れて、耳の後ろや襟足部分など、念入りに頭皮をすすぎましょう。この時、お湯の温度は38~40度に設定しましょう。低すぎると汚れをしっかり落とすことができず、高すぎるとヒートショックの原因につながります。

シャンプーは頭皮で泡立てる

シャンプーは泡立てることが重要です。しかし手で泡立てるのではなく、頭皮で泡立てることを意識してください。頭皮に直接シャンプーをつけて、指の腹で泡立てることがポイントです。なぜ頭皮で泡立てるのか。手で泡立ててしまうと、髪に泡がついてしまい頭皮まで泡(洗浄成分)が届かないためです。シャンプーは髪だけでなく、頭皮を洗うことが最も大切な役割。ですから、頭皮を洗うためにも、直接頭皮にシャンプーをつけて泡立てるようにしましょう。

シャンプーの仕方が間違っていた?!正しいシャンプーは美髪を作る正しい方法でシャンプーをする事で、美髪を目指すことが出来ます。また、シャンプーの後に必要なポイントなどもご紹介します。...

指の腹でやさしく洗う

シャンプーをする際、気を付けたいのがその洗い方です。指の腹で洗うことは理解できていても、毛穴に詰まった皮脂汚れやホコリなどを取り除くのなら、力強く洗った方が良いと考える人も多いでしょう。しかし、力をいれすぎると頭皮に傷が付くことから、乾燥やかゆみを引き起こす原因になります。指の腹で洗うのは正しいですが、地肌にやさしくマッサージするようにして洗いましょう

充分にすすぐ

シャンプーは泡で頭を洗ったら終わりではありません。すすぎ時間もポイントとなります。泡がなくなったように感じ、さっと流して終わってしまえば、地肌にシャンプーが残ってしまい、乾燥やかゆみを引き起こす原因になります。すすぎは予洗いと同じように念入りにおこない、お湯でやさしく流すようにしましょう。シャワーヘッドを頭皮に当てずにすすいでしまうと、髪表面のシャンプーだけを流すことになり、地肌にシャンプーが残ってしまいます。お湯の加減は38~40度に調整し、シャワーヘッドを頭皮に近づけ、髪の中に指を入れて頭頂部から下にかけてシャンプーを流すようにしましょう。

シャンプーにまつわるNG行為

ドライヤーをかける女性

普段何気なく取り入れていた行為が、実は頭皮や髪に大きなダメージを与えている可能性があります。ここではシャンプーにまつわるNG行為をご紹介します。

朝シャンプーは避ける

シャワーは朝派なので、夜に髪を洗わない!という方はいませんか?疲れて帰ってきたらついついそのまま寝てしまうということもあるはず。しかし夜シャンプーしないと、頭皮環境が悪くなりニキビや炎症などを起こしやすくなります。必ず寝る前にシャンプーをするようにしましょう

適当な予洗いは避ける

頭皮や髪そのものに、さっとお湯を馴染ませるだけの予洗いは避けましょう。なぜなら、簡単なものだと、シャンプーの効果が十分に発揮されないからです。予洗いをしっかりすると頭皮・髪の汚れの7割が落ちると言われています。他にも髪や頭皮に水をたっぷり含ませることで、シャンプー時に起こる摩擦ダメージを軽減することができます。したがって髪の健康のためには入念な予洗いが欠かせないのです。

熱すぎるお湯は避ける

熱いシャワーが好きだからといって、高温のお湯で頭皮を洗うことは避けましょう。理想としては38~40度の温度が最適です。熱いシャワーを頭からいきなり浴びてしまうと、のぼせてふらついてしまったり、血圧が急激に上がりヒートショックなどを起こす可能性が。シャワーの温度が低すぎると汚れが落ちないですが、高すぎると身体に不調をきたします。シャワーの温度は38~40度に設定しましょう。

シャンプーは手のひらで泡立ててはだめ!

シャンプーは手のひらで泡立てると思っている方は多いですよね。しかし、手のひらで泡立ててはいけません。手で泡立ててしまうと、泡が髪についてしまい頭皮にまで洗浄成分が届きません。シャンプーの最も重要な役割は、頭皮を洗うこと。シャンプーは泡立てずに直接頭皮につけ、頭皮でしっかり泡立てるようにしましょう

シャンプーをする意味、間違えていませんか?

シャンプーをしてもらう女性

シャンプーは髪を洗うものだと思っていませんか?シャンプーは髪ではなく、頭皮を洗うことが重要な役割です。毎日シャンプーをしているのに、頭皮のべたつきが気になるという方は頭皮が洗えていない可能性があるのです。

正しいシャンプーの方法を知り、今日からさっそく取り入れよう

髪がなびいている女性

いつからか、髪を洗うために必要とされてきたシャンプー。しかし、シャンプーの本来の役割は、頭皮の汚れを落とすこと。シャンプーは手ではなく頭皮で泡立てて、しっかりと頭皮を洗いましょう。これが正しいシャンプーの方法です。本記事でご紹介したシャンプーの方法を取り入れ、健康的な髪を育てましょう。

▼頭皮にも髪にも良いシャンプーはこちら

Authors

  • エスアイシーグループ 代表
    美容師、美容学校教諭を経て自身の美容室を開業。髪に悩むお客様の要望に応えるため、商品開発にも取り組み、エスアイシーグループを設立。

  • 【髪の悩み】抜け毛・白髪による頭皮のかゆみ アラフォー専業主婦ライター。加齢に伴う抜け毛・切れ毛は仕方ないと諦めていたものの、シャンプー・トリートメント、日常的なヘアケアで諦めなくて良いと感じている。

Slider