エイジング

目立つ白髪をなんとかしたい!正しい白髪の対処法

30代、40代になり増え始める白髪。白髪は実年齢よりも老けて見えることもありますし、何よりも白髪を発見した時はショックを感じる方もいますよね。女性にとって白髪は悩みの種の1つですが、意外に白髪の正しいケア方法を知らない方が多いのも事実。今回は、白髪ができるメカニズムや正しいケア方法について解説していきます。

白髪はなぜできる?メカニズムと対処法

両手にクエスチョンマークを持つ女性

白髪は元には戻せない、白髪は抜いたら増える、などのような話を聞いて本当なのか疑問に思ったことはありませんか?他にも、毛先が白いのに根元は黒くなっている白髪を見つけ、なぜそのような白髪が発生するのか疑問に思ったことがある方もいるはず。黒かった髪の毛がなぜ白くなってしまうのか、白髪のメカニズムを知ることで疑問は解消されます。白髪ができるメカニズムと白髪の対処法を紹介します。

白髪ができるメカニズム

白髪のメカニズム

髪の毛の色を決めているのはメラニン色素。メラニン色素は、毛母細胞の中にある「メラノサイト」で作られています。そこから髪の毛に取り込まれ髪の色が黒や茶色になり生えてくるのですが、メラニン色素を作っているメラノサイトの働きが低下することによって、メラニン色素が作られなくなり、色のない髪の毛「白髪」が生えてくるとされています

白髪を元に戻すことはできる?

毛先を虫眼鏡でのぞく女性

一度できた白髪は戻らないともいわれていますが、元の色を取り戻している白髪もあります。何らかの原因により、メラニン色素を作るメラノサイトの働きが弱まっている場合、原因を取り除くことによって髪色を取り戻すことができる可能性があります。しかし、自身の白髪がなぜメラノサイトの働きが弱まっているのか、原因を特定して取り除くことは難しいです。したがって、メラノサイトの働きを低下させないよう生活習慣を見直し頭皮環境を整えることで元の色を取り戻すことはありますが、意図的に取り戻すことは至難の業です。

白髪は抜かず放置がベスト

両手でバツマークを作る女性

白髪を発見したとき、どのような対処をしていますか?「抜いてはいけない」と言われることが多い白髪ですが、抜いたからと言って増えることはありません。しかしながら、毛穴を傷める可能性があるため白髪を抜くことはおすすめできません。また、抜かずに切っても短くぴょんと出てしまい、逆に目立つことも。どうしても気になり切りたくなってしまうこともありますが、なるべく「抜かず」「切らず」が白髪の正しい対処法です。

白髪は抜いたら増えるといわれる理由

一般的に「白髪は抜いたら増える」ということをいわれますよね。それは白髪を抜いて毛穴を傷めることで、毛母細胞内のメラノサイトでメラニン色素が作られなくなることが考えられます。そのため、白髪は抜いたら増えると感じる人が多いようです。

オシャレに見える?白髪のカラーリング

ヘアカラー見本から色を選ぶ

白髪を見つけたときは、抜いても切っても良くないということをお伝えしました。しかし、どうしても白髪が気になる場合、白髪を放置することに抵抗を感じる方も多いですよね。白髪を放置したくない場合、カラーリングをすることもおすすめです。白髪を目立たなくさせる2つのカラーリングの方法をご紹介します。

白髪染め

白髪染めをしてもらう人の頭

最もポピュラーな白髪対策のヘアカラーは白髪染めです。髪の毛は通常1か月で1cm伸びるといわれています。根元が気になりだす2か月に1回のペースで白髪染めを行っている方が多いようです。白髪染めは以前は黒に近い濃色のカラーバリエーションが多かったです。

しかし、近頃はオシャレ染めのような白髪染めを行いたいという要望が増えてきたため、様々な色のカラーバリエーションが出そろい、オシャレな白髪染めができるようになってきています。

ハイライトで白髪をぼかす

毛先を手で上げている女性の横顔

白髪染め以外の方法として、白髪を目立たなくさせることができるのがハイライトです。髪全体的に白髪が生えているわけではなく、ところどころ白髪がある場合、白髪染めにするべきか悩みますよね。そのようなときはハイライトがおすすめです。

ハイライトは、髪の毛を縦状に明るい線のメッシュが入るように染める方法。白髪がたくさん生えている部分、部分とバランスが取れない白髪に対してはハイライトを入れることで目立たなくさせることができます。その他にも、ハイライトは髪全体の色が明るくなるため、白髪が伸びてきても目立たないというのがメリットです。白髪染めに比べて、垢ぬけたお洒落な仕上がりになるハイライト。最近は白髪に悩んでいない若い世代も取り入れることも増えてきました。白髪の本数が少なく、白髪染めに抵抗があるという方はハイライトを入れてみてはいかがでしょうか?

市販と美容室の白髪染めの違い

自分で白髪染めをする人の頭

白髪染めは、美容室で行う方法、市販の白髪染めを使う方法と2パターンあります。どちらも白髪が染まる染料を使っていますが、市販と美容室で使われている白髪染めは、使われている薬剤に違いがあります。市販の白髪染めなどは、誰でも簡単に染めることができるように作られています。そのため美容室で使用されている薬剤に比べて、効果が出やすい強い薬剤が使用されています。そのため美容室で染めたときと比べて、セルフカラーは髪が傷みやすいです。美容室などプロによる染色は、ダメージがゼロというわけではないものの、髪質やダメージの状態をみながら時間などを計算して染めます。したがって、オシャレ染めよりもカラーの施術頻度が高い白髪染めは、美容室で染めてもらうことをおすすめします。

白髪を増やさないためにできること

指を指してポイントを示す女性

できてしまった白髪を元に戻すことは難しいです。しかし、白髪を今以上に増やしたくないと考える方も多いですよね。白髪の増加をとめるためには、頭皮環境の改善がマスト。髪の毛は頭皮にある毛穴から生えています。したがって、頭皮環境を整えて毛母細胞に働きかけましょう。

頭皮が硬くならないようにする

頭皮マッサージをうけている女性

頭皮環境が悪い例としてよくあげられるのは、頭皮が凝り固まることです。頭皮が硬い状態では、血行やリンパの流れが悪くなり、必要な栄養が毛母細胞にまで届けられていないことがあります。したがって、栄養が毛母細胞にまでしっかり送りと届けられるよう、血行やリンパの流れを促す頭皮マッサージを行いましょう。

頭皮マッサージは、血行やリンパの流れを良くするだけではなく、頭皮を柔らかくほぐします。頭皮をほぐすことで老廃物が流れ、毛母細胞に栄養がとどきやすくなるため、白髪の予防につながります。

頭皮を虫眼鏡で映す女性
頭皮と髪を若返らせる!老化の原因と対処法!~エイジングケアの前に知っておきたいこと~髪に年齢を感じることはありませんか?髪の毛のボリュームや薄毛が理由で、希望のヘアスタイルができないと感じたら、頭皮や髪が「老化」してきたサインかもしれません。「頭皮や髪が老化する原因」について詳しく解説。さらに、頭皮や髪へのエイジングケア方法をご紹介。ぜひ実践して、いつまでも若々しい頭皮と髪を手に入れましょう。...

健やかな髪を育てるための生活習慣

夫婦の食卓風景

毎日健康的な生活を送れていますか?極端なダイエットなどや外食が多いなどの偏った食生活、睡眠不足やストレスなどは、髪の成長を妨げる原因となります。偏った食事で栄養不足になると、髪の毛の成長に必要な栄養が不足します。他にも、睡眠不足やストレスが続くと、血管が収縮してしまうため、頭皮や毛髪に栄養や酸素を送りにくくなってしまいます。

栄養が不足した状態が続くと、正常に髪が育つことができず、白髪となってしまうことも。

白髪を増やさないためには、しっかり寝ること、しっかり食べること、リフレッシュすることが大切です。

なんとかしたい!出来てしまった白髪の対処法と白髪をできにくくする対策白髪が気になった時、どう対処していますか?実は対処法によっては、更に白髪の生えやすい環境をつくっているかもしれないのです。頭皮にダメージを与えるようなことはNG!この記事では、出来てしまった白髪への対処法と白髪をできにくくする対策について紹介していきます。...

白髪は切っても抜いてもダメ!正しく対処してオシャレヘアに

髪をなびかせて目を閉じている女性の横顔

白髪を見つけるとショックを感じる方も多いですよね。頭皮環境を整えて、健康的な生活習慣を送ることで白髪予防に努めることはできます。しかし、白髪が全く出ないように防ぐことは至難の業。そのため、白髪を見つけた時に正しく対処することが大切です。白髪は抜いてしまうと毛穴を傷めてしまうため、抜くことはお勧めできません。白髪を切ると短い毛がハネてしまい、逆に白髪が目立ってしまいます。どうしても白髪が気になるときは白髪染めをしましょう。近ごろはカラーバリエーションが増えているだけではなく、ハイライトというオシャレなヘアスタイルもあるため、気になる方は一度行きつけの美容師さんに聞いてみてはいかがでしょうか。

Authors

Slider