エイジング

白髪染めの悩みを解消!思い通りのカラーにできるゴッホスタイリングカラーとは?

「最近白髪が増えてきたな・・・」

「今の白髪の感じだと、白髪染めにするかおしゃれ染めにするか悩むなあ」

少し前まで黒髪だったのに、ちらほらと目立ち始めた白髪を見ると、ガッカリした気持ちになりますよね。一般的に白髪は老けて見える原因のひとつなので、どうにかしてキレイに染めたい!と考える人が多いでしょう。この記事では、白髪になる原因、おしゃれ染めと白髪染めの違い、おしゃれ染めから白髪染めに変えるタイミングを解説。さらには、自宅染めとサロン染めを比較し、白髪染めの悩みを一気に解消する、オススメのカラー剤まで徹底解説します。

健康な髪が生まれる仕組み

髪をブラシでとかす女性

白髪になる理由を説明する前に、まずは健康な黒い髪の毛が生まれてくる仕組みを説明したいと思います。髪の毛は、頭皮の毛根部にある「毛母細胞」が細胞分裂する過程で、メラニン色素を取り込むことで、黒い髪が生えます。

なぜ白髪になるの?

白髪の女性

メラニン色素を取り込むことで、黒く生えてくる髪の毛。なぜ、突然白髪が生えてしまうのでしょうか?黒髪から白髪になる原因は、メラニン色素を作り出すメラノサイトの働きが低下することが理由だといわれています。毛母細胞が分裂するときに、メラニン色素が取り込まれないと、髪の毛は白髪として生えてきます。すでに生えている黒髪が白髪になると思われることもありますが、白髪になるのは髪が生まれてくる時点の話。「ある日突然」黒髪が白髪に変わることはありません。

白髪はどうして出来るの?白髪が発生する仕組みと原因を詳しく解説!ある日ふと鏡をふと見たら、白髪を発見!そんな経験はありませんか? 一般的に白髪は35歳ころから生えてくるといわれていますが、個人差...

おしゃれ染めと白髪染めの違い

美容師の前でカラーサンプルを選ぶ女性

おしゃれ染めと白髪染め。なんとなく別物だとわかっていても、具体的にどう違うのかわかりづらいですよね。つぎは、おしゃれ染めと白髪染めの違いを、わかりやすく説明します。

どちらも仕組みは同じ

おしゃれ染め・白髪染めどちらも、髪を保護するキューティクルを開いて、髪の色素を抜いてから、色をつけていく仕組みです。この仕組みは、おしゃれ染めも白髪染めも同じです。

おしゃれ染め

おしゃれ染めは、メラニン色素を持った黒髪を、明るくするためのカラー剤です。おしゃれ染めの特徴は、キューティクルを開いて色素を「抜く力」が強いこと。逆に、色を入れる力は弱いと考えられています。おしゃれ染めでは、色素を持たない白髪は染めにくいです。

白髪染め

一方白髪染めは、白髪と黒髪が混ざった状態でも、キレイに染められるようにつくられたカラー剤です。おしゃれ染めよりも、色を「つける力」が強いのが特徴。一般的な「黒染め」で白髪を染める方もいらっしゃいますが、キレイな仕上がりを目指すのなら、白髪染めがオススメです。

おしゃれ染めから白髪染めに変えるタイミング

白髪染めを混ぜる

今までおしゃれ染めをしていた人も、白髪が気になりはじめると、白髪染めに変えるべき?と迷いませんか?全体的に見たとき、黒髪よりも白髪の方が明らかに多くなったタイミングで白髪染めに変えるのがオススメ。白髪の量が少ない場合や、全体的に明るめの仕上がりにしたいときは、おしゃれ染めでもキレイに染められる場合があります。ぜひサロンで、美容師さんに相談してみましょう。

白髪染めもできる!ゴッホカラーはなぜすごい?他との違いを解説

鏡を見ながら白髪染めをする女性

おしゃれ染めでも白髪染めでも、一般的なカラー剤で染めると、どうしても気になるのが髪へのダメージ。キレイな色に仕上がっても、髪がごわつき、傷みが気になって、あとから必死にトリートメントをした経験はありませんか?そんなあなたに、ぜひオススメしたいのが『ゴッホスタイリングカラー』。ゴッホスタイリングカラーは、染めるたびに髪が健康になっていく、ほかにはないカラー剤です。

一般的なヘアカラーの悩み

一般的なカラー剤は、染めるたびに髪にダメージを与え、ごわつきや傷みの原因になります。

特に、白髪を気にして白髪染めをする人は、おしゃれ染めに比べて高い頻度で髪を染められる方が多いようです。

ヘアカラーで髪を健康に?!『ゴッホスタイリングカラー』の実力

髪を健康にしながら染められる『ゴッホスタイリングカラー』。そのすぐれた特徴を紹介します。

繰り返しカラーをしても思い通りの色に

一般的に、白髪染めは髪を暗く染めますが、気分が変わって、もう少し明るくしたいと思うときはありませんか?しかし一般的なカラー剤だと、一度暗くした髪を明るくするのは難しいといわれています。カラー剤は通常、もとの髪の色素を抜いてから色を入れますが、前回の「カラー剤の色」を抜く効果はあまりありません。『ゴッホスタイリングカラー』の場合、髪の色素を抜いて、トリートメントとトリートメントに吸着させたカラー剤を髪の毛の内部に入れます。カラー剤をトリートメントに吸着させていることで、カラー剤の色を抜きやすくします。そのため、暗い色を入れた髪の毛を明るくすることができます。ゴッホスタイリングのカラーなら、繰り返しカラーをしても、いつでも髪を思い通りの色に変えられます

地肌にやさしく、栄養もたっぷり補給

ヘアカラーをしたとき、頭皮がしみてピリピリと痛みを感じた経験はありませんか?

一般的なカラー剤は刺激が強く、毛穴に入り込むと地肌に痛みを感じることがあります。また、毛母細胞に影響を与えて、髪が細くなってしまうことも・・・。一方ゴッホスタイリングカラーは、頭皮や髪の成分であるアミノ酸を配合しているため、地肌にも髪にも優しいのが特徴。また、トリートメントをしながらカラーを行うので、髪に負担がかからず傷む心配もありません。髪のキューティクル補修と潤い補給を同時に行うため、髪のダメージを補修できます。このように、ゴッホスタイリングカラーは、染めるたびに髪が健康になります。ゴッホスタイリングスのカラーは、地肌に優しく栄養もたっぷり補給できるため、染めれば染めるほど髪が元気になります

水分バランスの整った髪へ

ゴッホスタイリングカラーは、化粧水にも使われるヒアルロン酸(保湿成分)をたっぷり配合しています。ヒアルロン酸は1gで6000mlの水分を保持するといわれています。ヒアルロン酸で髪内部にしっかりと水分をキープさせます。さらにゴッホスタイルングカラーは、髪内部に保湿成分を浸透させたあと、キューティクルを完全に閉じた状態にして施術を終えます。髪の水分バランスを整え、維持できるので、潤いのある柔らかな質感と、毛先の収まりの良さが持続します

自宅でのセルフカラーと、サロンでのカラーの違いは?

鏡を見ながら白髪染めをする女性

本当はサロンで染めたいけど、時間も費用もかけられない・・・と、市販の白髪染めを使って、セルフカラーをされる方も多いのではないでしょうか?しかし、ムラになってしまった、髪も傷んでしまった、という経験をされている方も多いはず。自宅でのセルフカラーと、サロンでのカラーはどう違うのでしょうか?

セルフカラーは頭皮へのダメージが大きい?

自宅でセルフカラーすると、頭皮がピリピリしたり、施術後に頭皮がかゆくなった経験はありませんか?サロンでのプロによるカラー施術は、頭皮に付着しないよう、髪だけにカラー剤を塗るように気をつけて施術されています。しかし、セルフの場合だと難しく、頭皮にも薬剤を塗ってしまうケースが多いです。薬剤が頭皮に与えるダメージは大きく、頭皮がピリピリします。またセルフカラー後は、しっかりと洗い流しているようで、薬剤を洗い残してしまうことも多いです。洗い残しは、頭皮のかゆみや湿疹など、頭皮のトラブルに繋がります。

仕上がりの違い

自宅での白髪染めとサロンでの白髪染めでは、仕上がりが全く違います。自分で白髪染めをすると、顔まわりはうまく塗布できても、後頭部はなかなか難しいですよね。一方、サロンでの白髪染めは、プロがカラー剤を塗布します。ムラなく、傷みも最小限に抑えるように、計算して施術してくれるので、自宅での仕上がりと比べてその差は歴然です。

白髪染めもおまかせ!髪を健康にするゴッホスタイリングカラー

女性の美容師がお客様をカットしている様子

メラニン色素が取り込まれなくなることで生まれる白髪。白髪が気になり始めると、おしゃれ染めか白髪染めかで迷われると思います。おしゃれ染めは黒髪を、白髪染めは白髪をキレイに染められるように、それぞれつくられたカラー剤です。けれども、どちらのカラー剤も髪へのダメージが大きく、傷む心配があります。その点ゴッホスタイリングカラーは、黒髪も白髪もキレイに染められるのはもちろん、髪を健康へと導きます。栄養と水分をたっぷりと補給しながら、いつでも思い通りの色に染められるカラー剤です。『白髪染めか、おしゃれ染めか』というお悩みは、ゴッホスタイリングカラーを選ぶことで解決します!ぜひ、一度体験してみてはいかがでしょうか?

Authors

Slider