ダメージ

冬に多いヘアトラブルとは?冬だからこそ髪と頭皮にうるおいを!

冬になると、静電気などのトラブルに悩まされていませんか?空気が乾燥しやすい冬は、静電気以外にも髪のパサつきなどのトラブルが起きがち。冬になると多くなるヘアトラブルの種類や予防策を紹介します。

冬になると起きやすいヘアトラブル

冬になると髪が傷みやすいと感じたことはありませんか。髪の毛がもつれて絡まりやすく、短い髪の毛(切れ毛)が目立ち出します。実のところ、冬は髪の毛や頭皮がダメージを受けやすい季節です。具体的にどのようなトラブルが起きやすいのか、冬になると起きやすい髪の毛と頭皮のヘアトラブルを説明します。

冬に多い「髪の毛」トラブル

頭を抱える女性

冬場は特に、髪の毛がまとまりにくいと感じたことがある方もいるはず。実際、空気が乾燥しやすい季節は髪の毛がまとまりにくいです。なぜ髪の毛はまとまりにくくなるのでしょうか?

髪の毛のパサつきや広がり

毛先をつまむ女性

髪の毛のパサつきや広がりが気になる冬の季節。空気が乾燥しやすい冬は、髪も乾燥しやすいです。髪の毛は、湿度が60%以下になるとパサつき始めます。パサついた髪の毛はまとまりにくく、髪のゴワつきや広がりが現れます。

切れ毛・枝毛などの深刻なヘアトラブル

空気が乾燥する冬に発生しやすい静電気。静電気がたまった髪は絡まりやすいので櫛通りが悪くなります。ブラッシングしていて髪がもつれた時、力任せに髪を引っ張っていませんか?その行為は、切れ毛や枝毛などの深刻なヘアトラブルに繋がります。一度枝毛になったら元には戻すことができないため、髪が絡まったからといって力任せに髪をとかすのは避けましょう。

冬に多い「頭皮」トラブル

頭皮を指差す女性

空気が乾燥しやすい冬はお肌にも深刻なダメージを与えます。お肌のシワの原因は乾燥だといわれています。乾燥した皮膚はハリ(弾力)を失い、皮膚が垂れ下がることで、シワに繋がります。頭皮もお肌と同じように、乾燥によるダメージの影響は大きいです。頭皮が乾燥するとどのようなトラブルが起きるのか解説します。

健康な髪が生えにくくなる

空気中の水分量が大きく減る冬の季節。お肌と同じように頭皮も乾燥します。頭皮が乾燥すると、頭皮はお肌と同じようにハリ(弾力)を失いがち。ハリが失われた頭皮は硬くなり、血液のめぐりが悪くなるため、髪に十分な栄養が届けにくくなります。栄養が不足した頭皮から育つ髪は、細く抜けやすく不健康。不健康な髪は小さなダメージでも大きく影響を受けてしまうため、切れ毛や抜け毛などのトラブルが発生することがあります

老化の原因につながる

老齢の女性のアップ

乾燥でハリ(弾力)を失った頭皮はたるみやすいです。頭皮は顔と繋がっている皮膚であるため、頭皮がたるむと顔を支えている皮膚までたるみます。顔のたるみが気になったとき、顔だけをケアをしていませんか?顔のケアも大切ですが、頭皮のケアもすることで顔のたるみ進行を緩和させる事ができるかもしれません。

エイジングケアで美髪になる⁉頭皮と髪にアプローチして若々しさをキープしよう髪の毛のエイジングケアはしていますか?髪の毛のエイジングケア特別な事をしなくても、いつも使っているシャンプーを見直したり、アウトバスのヘアケアを取り入れる事でケアできます。このページでは髪の毛のエイジングケアについて詳しく解説しています。...

トラブルの主な原因

ポイントを教える女性

冬に多い髪と頭皮のトラブルについて紹介してきました。なぜ冬になると紹介したようなトラブルが発生するのでしょうか?その原因を見てみましょう。

空気の乾燥

冬になると、手のカサつきや顔と身体の粉吹きが気になりますよね。カサつきや粉吹きは乾燥が原因です。実は髪や頭皮も肌と同じように乾燥します。髪や頭皮が乾燥する原因はいくつかありますが、冬特有の原因はやはり「空気の乾燥」と言えます。髪と頭皮は、湿度60%以下になるとパサつきやカサつきなどのトラブルが発生しやすくなります。大気中の空気の乾燥はもちろんですが、エアコンの使用などでさらに空気が乾燥します。

湿度60%でも髪は乾燥しはじめる!?潤いケアが必要な理由とは空気が乾燥する季節になると、気になる肌の乾燥。実は髪も、肌以上に潤いを奪われています。しかし肌に比べて、髪の乾燥対策をしている方は少ない...

静電気

ドアノブに触れようとする手

ドアノブなどに手をかけたときパチッとなる静電気は、実は髪の毛にも影響しています。静電気の電流は、4000〜5000Vだといわれています。強いときには、20000Vにも及ぶことも。静電気は身体だけではなく髪にも流れるため、髪に流れた静電気は、髪を覆うキューティクルを破壊。キューティクルが剥がれると、剥がれた箇所から髪の栄養分や水分が流出し続けます。髪の栄養分や水分が流出し続けることで、髪はさらに乾燥し、ハリやコシを失います。その結果、髪の毛のパサつきや広がり、切れ毛や枝毛などのトラブルが発生してしまいます。

冬こそ気を付けたい!毎日のヘアケア

シャンプーボトルやタオルなどのバスセット

冬に多いトラブルの原因である、乾燥と静電気。静電気は皮膚や髪の乾燥が原因で発生するため、髪や頭皮の乾燥を防ぐだけでどちらのトラブルも回避できます。そこで、頭皮と髪に潤いを与え、乾燥を防いでくれるヘアケアアイテムを紹介します。

シャンプー

シャンプーを始める女性

髪や頭皮の乾燥を防ぐには、髪と頭皮を保湿するヒアルロン酸が配合されているシャンプーがマスト!化粧水などにもよく使われているヒアルロン酸は、1gで6000mlの水分をキープできると言われています。シャンプーにヒアルロン酸が配合されていることで、髪にしっかりと潤いを与えることができます。他にもアミノ酸が主成分となるシャンプーもおすすめ。アミノ酸は髪や頭皮と同じ成分ですので、洗いながら髪や頭皮に栄養を与えることができ、強くしなやかな髪へと導きます。潤いがある健康な髪は、乾燥や静電気によるヘアトラブルの影響を受けにくく、パサつきや切れ毛などのトラブルが発生しにくいです。

洗い流さないトリートメント

髪の毛を乾かす女性

乾燥から髪を守るためには、洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)の使用も効果的。洗い流さないトリートメントを外出前に使用すると、大気中の空気やエアコンの乾燥から髪を守ってくれます。他にもお風呂上りの髪に使用することで、ドライヤーによる髪の乾かしすぎや、摩擦による髪の絡まりも解消してくれます。シャンプーと同じく、アミノ酸やヒアルロン酸がこう配合されているものだと、髪に栄養分と水分を与えてくれるためヘアトラブルを回避しやすくなります。

リンス、コンディショナー、トリートメントって何が違うの?選び方と効果的な使い方リンス、コンディショナー、トリートメントの違いをご存知でしょうか?実は本来はそれぞれ役割があり誕生したのですが、現状は明確な定義がないのです。この記事では、それぞれの違い、効果的な選び方から使い方までご紹介します。...

髪と頭皮に潤いを!冬のヘアトラブルは乾燥が原因

髪をかきあげる女性

冬に多いヘアトラブルの主な原因は乾燥です。髪や頭皮の乾燥を放置すると、髪のパサつきや広がりだけではなく、切れ毛や老化などの深刻なトラブルにもつながります。冬はお肌の乾燥ばかり目が向きますが、お肌のお手入れと同じように髪と頭皮の保湿に注目しましょう。冬の乾燥に負けない、健やかな髪と頭皮へと導くために、今すぐできることから始めましょう!

Authors

Slider